« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/28

第2の軽井沢ハンズ「東洋治療院」

nosaさんのような、、、

恵比寿の軽井沢ハンズがなくなって、新規マッサージ店を開拓して見つけました。
同じ、恵比寿で。「東洋治療院」です。

恵比寿駅前の駒沢通りを代官山方面へ。
恵比寿南交差点の角にあるビルの何階かだったと思います。
4階あたりの窓に「東洋治療院」とありますので、直ぐ分かるかと思います。
西武信用金庫の向えのビルですね。

ここの利点はなんてたって24時間営業です。
いつでもいけます。指名もありだそうです。
料金も30分3000円、60分6000円と普通です。

着替えるところが若干狭いですが、何人かにマッサージしてもらいましたが、1人もはずれは無かったです。

何が気に入ったかというと、私の好きなタイプのマッサージです。
きめ細やかにマッサージ箇所を移動してくれるので、気を抜くと寝てしまいます。

実際、皆、熟睡しているような人たちばかりです。
たまに、ずっとしゃべり続けているお水の方もおられますが、すっごく静かで、そういう雰囲気が好きな方にはいいのでは。

寝る前マッサージで3日連続行って、帰って就寝ってのもありました。

インターネットで情報を調べてみると、やはり評判はよさそうですね。
ベッドがたくさんあるので、今まで一度も待つことなく、入れたのでこれからも重宝することになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/27

初めて見た空飛ぶ夢

nosaさんのような、、、

初めて空を飛ぶ夢を見ました。
印象に残っている夢を夢診断で調べているときに、よく、空を飛ぶ夢の説明があり、気になっていました。

実際に見てみると、爽快でした。
3~4つの夢の連続で、最後から2つ目の夢で見ました。

さて、どんな夢だったか。
雲のかなり上を飛行機か何かで飛んでいて、下に下りようということになり、雲の中に入ったあたりから飛び始めました。
かなり自由に飛びました。右左上下思い通りにスピードも自由自在に飛びました。

で、夢診断、夢分析で調べてみました。
空を自力で飛んでいる夢は、気分がいいときに見やすい夢です。
とありました。確かに自力で飛んでいました。
が、気分がいいかどうかはいつも通りだったような、、、

スイスイ泳ぐように飛んだり、速度や方向を自分でコントロールできるような飛び方をしているときは、気力.体力ともに充実していて、現実の世界でも、困難や障害を乗り越えて、自分らしく行動できることを暗示しています。
とありました。確かに速度や方向を自分でコントロールできるような飛び方をしていました。
気力、体力ともに充実とありますが、正直、暴飲暴食で4月に2回お腹を壊しました。微妙な診断です。
困難や障害を乗り越えるは、多少あたっているような気もします。
仕事で解決しそうにもない問題が4月は2つほど解決しそうになっています。
後は確認だけですが、、、

他では空を飛ぶという夢は、主に自由、独立、逃避、性的願望などを暗示します。とあります。私の場合よく性的願望っていのがでますね。溜まっているのかな?

そこの解説では、更に、勢いのある飛び方は体調が安定し、心もポジティブの場合がほとんど。気持ちよく自由に飛び回れる夢は、基本的に吉夢ということですのでご安心ください。とありました。
まさしくその通りの夢でしたが、はっきり言って体調は余りよくなかったです。今月は自分のお腹がかわいそうって思った月でしたので。

最後に、スピードを出して飛んでいる夢を見たら今のあなたは、なにかの抑圧から解放されたいと思っているはず。結果は上手く解放されるので安心を。というのもありました。
何に抑圧されているのだろう。

今までの夢で一番見たい夢でしたが、実際に見て診断してみると、微妙な診断だったように思います。実を言うと深層心理であたっているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

おちゃらけたTWENTY FOUR

nosaさんのような、、、

TWENTY FOURのストリーミングが「YouTuBe」でいくつか見れるのは、もうご存知かと思いますが、その中にかなりふざけたTWENTY FOURの編集版があります。

殆ど素人が編集したものですが、中には意味がないくらいに凝っているのもあります。
さすが、アメリカって感じの悪ふざけです。

お断りですが、TWENTY FOURのめっちゃファンの方は是非、見ないように。
少々の悪ふざけでも受け入れる人のみ見てください。
後、下ネタNGの方も見ないように。

さて、これはふざけているわけではないです。
GameのTWETNTY FOUR
個人的にはかなり笑ってしまいましたが、微妙に似ている似ていないが笑いに繋がってしまいました。
一番笑ったのは、キムです。キムは何度見ても笑ってしまいます。
一番似ているのはトニー・アルメイダだったりして、ミッシェルもそうですが、女性人には弱いようです。
ランボーを見た後にでっかい機関銃をぶっ放したくなった人のように、TWENTY FOURを見た後に銃撃戦をしたくなった人にはいいかも。

次は、とにかくふざけすぎています。下ネタ満載です。
意味が分からないTWENTY FOUR
正直、コメントに困ります。
バックミュージックがサンダーバードだったりと、というあたりも全然意味が分かりません。
映像を見なければ、それなりにいいかも。
しかし、よく見てください。ストーリーがあります。
覆面をよく見ないと誰が誰か全然わかりません。体形は特に当てになりません。

そして、日本版TWENTY FOURです。
私は見ていないんですが、テレビで放映されたものですね。
トニー・アルメイダが宮迫の肩を叩くシーンは笑ってしまいました。
真面目ですね。トニー・アルメイダは。
トニーがドリフのようにこけています。それもみんなと同じ調子で。
そして、一番の驚きは、トニーが踊っています。マイケル・ジャクソンで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/25

またまたみずほ銀行にやられました。

nosaさんのような、、、

昨年、みずほ銀行のミスで会社のクレジットカードが使えなくなったのに、直ぐに使えるように言うと、お客さんがいる中で、ヤ○ザさんに脅されているような態度で迎えられた挙句、自分ところのミスと気づいたら、裏口に移動させられ、サランラップとアルミホイルを手渡されてごまかされたことがありました。

またまた、やられました。昨年ほどではありませんが。
労災の払い込みをしようと向かいました。
整理番号を取って、記入用紙に記入、捺印して椅子に座って待っていました。

少々うろうろしたためたか、もう直ぐ自分の番だと「労働保険の領収済通知書」と「税金・公共料金等納付依頼書」と整理番号を手に持って準備をしようとしました。

「労働保険の領収済通知書」と「税金・公共料金等納付依頼書」はあるのですが、整理番号が見当たりません。
どこかに落としたみたいです。
まぁ、番号を覚えていたので、「労働保険の領収済通知書」と「税金・公共料金等納付依頼書」を手に持って待っていました。45分も待ちました。

自分の番の前の人が呼ばれ、上着、傘、かばんもしっかり持って、呼ばれたら直ぐにでもいける体勢でいたら、な、なんと自分の番を飛ばされて番号が呼ばれました。

呼ばれる窓口は、4ヶ所ありましたので、あの窓口の人とは縁がないんだと、中腰状態で、もう一度呼ばれるのを待っていました。

呼ばれてもその人はいないみたいです。いないと判断したのか、次の人を呼ぼうとしました。
私も完全に立ち上がり、あの機械は壊れている、次は私だろうと思うと、別の窓口で案内がありました。私の次の次の番号です。俺の番号は?

次に呼んでもいなかった窓口で案内がありました。私の次の次の次の番号です。
この銀行はギャグをしているかのように私の番号を呼んでくれません。
びっくりカメラかと思い、回りを見渡しましたが、カメラらしきものが見当たりません。

昨年の忌まわしき記憶が蘇り、問い合わせに行こうとしたら、もう1つの窓口から私の次の次の次の次の番号が呼ばれました。
その瞬間、怒りがこみ上げているのが分かり、自分で抑えてと心で呟きながら、気がついたら、出口にいました。

呼んでもいない人は何度も呼び、窓口以外の人も協力して探すのですが、番号を落とした人は探してくれないみたいです。
また、ヤ○ザさんのように扱われるのが頭をよぎり、完全に怒る気力を失い、帰社しました。

もう、大金が預けないといけなくなったときは絶対に銀行変えてやる。
というより、折見て、会社の銀行も変えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/24

パーティ&ベンチャーパフォーマンスサイトオープン

nosaさんのような、、、

土曜日の夜に知人のパーティがあり、参加してきました。
久しぶりの有楽町での呑みなので、何か変わったことがあるかなと思っていましたが、特に無かったです。

ベンチャーパフォーマンスというサイトの前日にオープン(まだまだ全然コンテンツが揃っていないですが、これから時間を見て、税理士さん、弁護士さんと相談して追加していきますので、現在コンテンツが少ないのはご了承を。)
し、主役の税理士さんと弁護士さんのパーティなので、経営者が多いだろうと参加したら、やはり経営者の方が多かった。

2000年頃は顔や会社を売ろうと名刺交換を積極的にしていた頃がありましたが、そういう会に参加して、久々の人や、話をしたかった人に会うと、どうしてもその人たちとの話を優先してしまっている自分に気づきました。

それでも新しく多くの人お話ができ、去年、サラリーマンだった人が起業していたり、楽しいひとときでした。

こういう会に参加するともう一つの楽しみは、今まで気づかなかった人のツナガリの発見ですね。あの人とこういうツナガリもあっただという。

2次会は恵比寿に戻って、数件はしごして帰路に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/21

ミリオンダラー・ベイビー

nosaさんのような、、、

先日のみに言ったときに、呑み会での話題かという感じもしますが、「尊厳死」の話題になりました。
帰宅途中、「ミリオンダラー・ベイビー」を思い出しました。
あの映画の最後はクリント・イーストウッドの選択は私の予想とは違う展開になりました。

難しい問題です。
一番の問題は他殺との区別、判別ですが、相当難しいように思います。

ヒラリー・スワンクがあまりにも淡々と試合で勝って行く姿は、ストーリー的にボクシング映画という部分を重視したくなかったのか、編集でああなったのかわかりませんが、ちょっと簡単に勝ちすぎて拍子抜けした部分もありますが、後半の重苦しさは最後まで続きました。

何とも言えない、考えさせられる重苦しさが残ったまんまの映画でした。

日本には日本尊厳死協会という協会があるそうです。
ホームページには、 尊厳死とは患者が「不治かつ末期」になったとき、自分の意思で延命治療をやめてもらい安らかに、人間らしい死をとげることです。
とあります。

自分の意思が表現できない場合、又は他人の力を借りる場合を除けば、うなづけます。
ホームページでは、
尊厳死と混同しがちですが、安楽死は第三者が苦痛を訴えている患者に同情して、 その患者を「死なせる行為」です。それに対して尊厳死は不治かつ末期の患者本人 の「死に方」のことで、「死なせる」こと(殺すこと)とは違います。
とありました。

死に方について、考えてみませんかと問うていますが、私的にはまだ考えれないですね。

只、気になるのは、設立30周年も経っていて、議員の方も参加されているのに、立法化されていないところです。

とにかく難しい問題です。職業選択の自由って言うわけにいかないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/20

あぁ軽井沢ハンズ

nosaさんのような、、、

会社で私の前で仕事して頂いている方からいいマッサージがあると紹介されのは昨年。
恵比寿の駅前のビル5階の「軽井沢ハンズ」です。

渋谷へ引越してきてから数箇所、マッサージめぐりもしましたが、コストパフォーマンス的にいいなと思うところは何箇所か見つかりましたが、ここはいい!!ってところは1箇所しか見つけていませんでした。

軽井沢ハンズ」を紹介してもらうまでは、東邦なんちゃらセンターってとこでした。

軽井沢ハンズ」を紹介してもらってから、寝違いや腰がきついときなどには大変お世話になりました。

しかし、聞いたところ会社の都合で閉鎖されるとのことです。
残念です。

ホームページにはまだ恵比寿店が紹介されていますが、閉鎖されています。

第2の「軽井沢ハンズ」探しを渋谷、恵比寿で見つけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

TWENTY FOUR SEASON 5ネタばれというより、、、

nosaさんのような、、、

今日は、TWENTY FOUR シーズン5のネタばれというより、どうしもて見たいという人の為の情報です。

日本でビデオが発売される前に少しだけ垣間見ることが出来ます。
くれぐれも思いっきりネタばれですので、気をつけてください。
ネタをばらすなって感じの人は絶対に見ないように。

ポイントとなるシーンです。
普段あんな人のこんなシーンが見れます。
基本的に所謂熱演している場面ばかりです。
嫌な奴も好きになれなかった奴も許せてしまいそうな気になります。

次に、エピソード1、2(EPISODE 1,2)です。
結果、あの人とあの人が、、、。
シーズン5はいきなり、飛ばしすぎなほど飛ばしています。
本当に乞うご期待。

次に、亡くなった人が分かるダイジェスト版+αです。
亡くなった人が分かります。
正直、本編では涙のシーンが、これでは笑いになってしまう困ったダイジェスト版です。
基本はふざけた編集だと思いますが、分かりやすくギャグとしているの2シーンだと。
基本的に、あの人の「○○ DEAD」が笑えました。

次に、エピソード15のコマーシャル?かな。
恐らく、エピソード15のコマーシャルです。
悪者っぽいあの女性はシーズン4の後の方に出てた人かな?違うかも。
けど、以外と美人ですね。

最後に
アップテンポなダイジェストです。
順番もバラバラなので、ネタばれとしても微妙です。
最後の紹介ですが、このダイジェストはネタばれというより、もっと見たくなるようなダイジェストかも。

本当のファン的にはちょっと気分を害したかもしれません。
ま、その辺は心を広く捕らえて頂ければと思います。

どうしても我慢できないと人は、多少は満足できましたでしょうか。

24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/17

サッカーワールドカップモード前のWorld Baseball Classic

nosaさんのような、、、

サッカーワールドカップモードになる前にもう一度、世界一になったWorld Baseball Classicについて思い出したいと。

初戦、2戦目は中国、台湾戦。
本戦までに大きなのがあまり出ず、期待していた野球より方向転換も囁かれていましたが、両戦とも10得点以上でホームランも飛び出し、順調な滑り出し。

3戦目は韓国戦。
先行するも気が付けば、逆転負け。ホームラン飛び出すも日本で活躍しロッテから巨人に移籍した李承ヨプ選手にもホームラン。このときは多少事故のようなもので次は勝てるだろうと思っていた、、、

4戦目はアメリカ戦。
キューバに並ぶ優勝候補のアメリカ。先行するも追いつかれ最後は逆転サヨナラ。
疑惑の審判もあったが、開催早々からあまりよくない話。
今後のWBC自体についても考え始めたきっかけになった試合。

5戦目はメキシコ戦。
常に先行している日本。追いつかれないと、最後まで引き離して勝つといういいときの展開。アメリカ戦の悪夢をとりあえず、消すことができた。
負けたアメリカは韓国には負けたので、後は韓国にさえ勝てばという雰囲気。

6戦目は韓国戦2戦目。
投手戦の中、恐らく始めて先行される。ヒットはでるが得点に繋がらず、最終回のホームラン1本に押さえられ、悪夢の韓国戦2連敗。
イチロー「人生最大の屈辱。」韓国ファンイチローにブーイング。
メキシコに疑惑の国アメリカに勝って貰うという他力本願状態。
アメリカの韓国との負け方を考えると、多少期待。そして、負けてもらえる。

7戦目は韓国3戦目。
もう負けたら野球では韓国の格下は決定。今後の日本プロ野球にも影響しかねない1戦。
前回と同じ投手戦も7回打者一巡の猛攻。ホームランも飛び出し。
アメリカ戦の悪夢の次の韓国戦の悪夢からも開放。
さすが、アメリカの歴史に残る選手「イチロー」。前戦の発言から一切態度変えず、そのまま結果を残す。更に株が上がった感。

8戦目は決勝強敵キューバ戦。
アメリカの思惑。アメリカ-ドミニカ共和国からははずれ。アメリカ自身が決勝トーナメントに参加できずにドミニカ共和国もキューバに敗れる。
朝、テレビを切り替えて観戦するも初回から4得点と見てるほうからすると安心して見れる部分とキューバ打線が爆発して大逆転され、更に流れもキューバに向いたらどうしようと思っていたりしましたが、8回1点差まで追いつかれる場面も9回に突き放し。感動の優勝。

皆さんも思い出しましたでしょうか。次は3年後らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知人の結婚式

nosaさんのような、、、

土曜日、取引先でもある知人の結婚式に出ました。
来月も社内のメンバーが結婚式ですが、出発のときに式場がお台場なのに、ゆりかもめが止まっているニュースには焦りました。

元々臨海線で行こうと思っていたので、安心しきっていたら、恵比寿駅に着いたら、新宿-大崎間が工事で折り返し運転していたので、またまた冷や冷やしましたが、大崎まで山手線で行って事なきを得ました。

式の間つらかったのは、2日ほど前から症状のある首でした。
式では、新郎新婦がお色直しの度に入場します。また、今までのヒストリーを映画に上映したりします。
その度に右向いたら、左向いたり、後ろを向いたりしますが、痛んでいる首にはかなりきつかったです。

今まで何ども結婚式に出席しましたが、日本舞踊があったのにはびっくりしました。
初めてです。恐らく生で日本舞踊を見るのも初めてだと思います。

2次会にも参加しました。2次会って定番のようにいつも開始が遅れますよね。
式で料理を食べたためかあまり食べれなかったですが、パンにトマトをのっけていたのは美味しかったですね。

お台場のレストランに行くのも半年ぶりくらいでしょうか。
すごく久しぶりに感じました。
夏にバーベキュー行って、ホテルの呑み屋さんに行きましたが、それ以来振りくらいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/14

いつまで続くのかFNS地球特捜隊ダイバスター

nosaさんのような、、、

正直くだらないといったらくだらなし、週末の深夜、他にすることあったらそっちをしてしまったり、番組があったら見てしまいますが、見れたら見てしまう番組です。
「FNS地球特捜隊ダイバスター」

スポンサーがなく放映しているらしいので、いつまで続くのでしょうか。
「鈴木タイムラー」のように終了するのか。時期的にも。

スポンサーがついていなくても予算があるので、制作していると思いますが、グッズも売っていますね。
Tシャツは白地、黒地、ライターにファイルセット、ハンドタオル。
これが売れたら、予算の足しになるのかなぁ。
それともこういうのに予算を使ったから制作コストを圧迫しているのかなぁ。

CMではなく、ストーリーの中で宣伝したりと工夫をしていたりしていますが、制作者の苦労が微妙に感じられたりします。そのスポンサーもなくなったりと。

最後は問題を暴かれるとやばい企業の問題を予告しておいて、その企業のスポンサーを取って、今までの流れどおり、そんなに解決しない状況で終わらせたりとそんな手法で乗り切ったりするのでしょうか、、、

この番組の意外な楽しみ方は、
番組的には問題を解決するって感じですが、ホームページの掲示板を見てみてください。
悩みを書き込んでいるのですが、
「もういいです。他の番組に依頼します。」
のような書き込みがあると、
「掲示板に書き込んで悩みを解決してもらえると思うな。」
って書き込みがあったりと、
番組よりも以外と楽しめます。

予算がなくても制作内容のクオリティが低いのは仕方がないのですが、掲示板に書き込むのにそんなに予算は必要がないと思いますので、制作者が掲示板に登場すれば面白いと思います。
まずは「ユリッペ」、「ジュンペイ」あたりが登場して、困ったら「マルさん」あたりでごまかして、「リュウジ」あたりで繋いで、ここぞというときは、「博士」が登場なんて。

テレビでは問題解決しない「博士」がテレビ以外で調べて、掲示板で解決するとか。

まぁ、個人的には「鈴木タイムラー」のように終了せずに継続してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/13

ことしのF1

nosaさんのような、、、

当初は昨年の成績からフェラーリ、マイルドセブンルノーにマクラーレン、ウィリアムズに日本勢のホンダ、トヨタがどこまで絡めるかという予想をしていました。

マイルドセブンルノーは相変わらず強いですね。
ドライバーもいいし、信頼性もバッチリ。

私としては、フェラーリ、マクラーレン、ウィリアムズにホンダのバトン、トヨタのラルフ、トゥリーリが常に1台は食い込んで欲しいところです。

バトンは相変わらず、ホンダエンジンを乗りこなしているのか好調ですが、アグリに移籍したやはり日本人ドライバー勢も頑張って欲しいです。

気になるのは井出選手、とにかく完走を確実にして欲しいです。
それから1位でも順位を上げることを目指して。(ってみんな同じようなことを考えていると思いますが)

ホンダのバトンの相方には元フェラーリのバリチェロがいますが、フェラーリに移ってセカンドドライバーになって報酬が増えすぎたのか、昔の勢いが無くなっているのが多少残念です。
昔のバリチェロに戻ってもらえれば、トヨタ勢とあわせて表彰台日本エンジンってのは大分可能性が広がると思うのですが。

まだ始まったばかりですが、マイルドセブン・ルノーのアロンソとフェラーリのシューマッハの争いになりそうな予感ですね。
シューマッハは同い年なので、別な親近感で応援をしてしまいますが、バトン頑張ってくれ。

スポンサー的にルノーで、同い年でフェラーリのシューマッハで、ホンダエンジンのバトンだとやっぱりバトンを応援してしまう。

ここ10年、15年で半分の年は優勝しているシューマッハ。
世代交代的には約一回り違うアロンソとバトン。

今年もそれなりに楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/12

TWENTY FOUR SEASON 5がいつ見れるかの情報が、、、

nosaさんのような、、、

TWENTY FOUR SEASON 5がいつ見れるかの情報がまだ分からないので、またまた書いてしまいました。

多少ネタばれになる可能性があります。
ジャックのヘルプをしたことにより、毎回処分されるクロエですが、シーズンⅤでは、恋人ができたりと、今までにない一面も楽しみですが、当初は内気なオタク女って感じ、災いを発する空気を読めない女から、結構、かっこいい切り返しや対応も出てくるみたいです。

後は、CTUの嫌われ者は以外と切れたり、いい人だったりする。
シーズンⅣ終了では、嫌われ者はほぼ居なくなっていたので、その役割は新メンバーがするのか。

ちなみに知っている人は知っているそうなんですが、私は最近知りました。
ジャック・バウアーことキーファー・サザーランドのお父さん。
ドナルド・サザーランドです。

どんな俳優かって。洋画をよく見る人は必ず知っています。
検索してみてください。「ドナルド・サザーランド」か「Donald Sutherland」で。
って書いていながら分かりましたけど、両方とも「サザーランド」でしたね。

日本で上映した有名な映画だと、「評決のとき」「ディスクロージャー」「JFK」「バックドラフト」あたりでしょうか。

よ~く見てみると似てるような気がします。

24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/11

【祝】阪神金本知憲外野手904試合連続フル出場の世界記録

nosaさんのような、、、

やっぱり、書かなければと思い書いています。
東京では最後の花見になるであろう、大阪ではようやく花見の季節に入った4月9日(日)の大阪ドームでの横浜戦で、阪神タイガースの外野手金本知憲選手がメジャーリーグは元オリオールズのカル・リプケン遊撃手の持つ連続フル出場の世界記録903試合を抜き、世界記録を樹立しました。

学生は新学年がスタートしようとしている時期ですが、会社では新入社員が初々しく真新しいスーツで入社してきたあたりでしょうか。

次の目標は1,500試合だそうです。
金本!お前ならいける。

印象に残っているのは、10年間被っていた赤ヘルの広島東洋カープから2003年に阪神へ移籍した時ですが、記録中で一番忘れられないのは、阪神へ移籍しての2年目のとある中日戦、中日のピッチャーは好投手岩瀬投手から受けた死球ですね。
もし、翌日のジャイアンツ戦に死球による骨折で欠場していれば、岩瀬投手は悪者になり、先日の世界記録もなかったです。

これも骨折にしているにもかかわらず、先発オーダーに決めた岡田監督も岡田監督ですが、当人2人の間で男くさいやりとりがあったそうです。
金本的には先発から外される可能盛大と思っていたが、「病院にも行かすなって感じやったらしい。折れてたら休みよる、わからんかったらやるやろって」ってという言葉のやりとりがあったか、雰囲気だったとか。
これに金本は武者震いをし、痛み止めを飲んで、出場したとか。

あぁ、かっこよすぎる。
今の時代、骨折しているのに野球なんかやらせたら、子供頃より、親がうるさく、そんなことさせた先生は新聞などで吊るし上げられて、その先生の野球顧問人生は終わるでしょう。
しかも、大人になれば、ここぞとばかり、訴えて、先生からお金をむしりとることを考える人もいるようにも想像できます。

そんな時代だからこそ、金本知憲はすごい。

そんな金本の影響はシーズン序盤に肋骨を骨折しながら、1試合欠場しただけで、シーズン中に完治させた赤星外野手にも波及しているとみていいでしょう。
普通なら、長期離脱ですよ。2軍で養成ですよ。

頼りない、へなちょこで、大げさな男が増えている中で、尊敬せざるを得ない人です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/10

博士の愛した数式 続き

nosaさんのような、、、

以前、書いた「博士の愛した数式」の続きです。
最近は、ハラハラどきどきものが面白い映画として人気がでがちですが、無理にハラハラどききさせずに(と言いながらTWENTY FOURフリークですが、、、)楽しめた映画です。

殆どそのようなシーンはないですが、全然退屈せずに見れました。

出演者もあまり多くなく、シーンもいろんなシーンがあるわけでない(大半が博士の家)ですが、安っぽさも感じず、いい映画でした。

映画の中ででてくるキーワードは「潔さ」「感謝」が思い浮かびます。
現在の社会における重要なキーワードのようにも感じました。

社会や会社には個人があり、小集団があり、大集団になり、集団同士、個人同士が関係を持っていますが、その中で相手側を受け入れるのがいかに大切かを博士とルートが教えてくれます。
そして、まわりの人がそれを理解して、受け入れていきます。

この辺が「潔さ」「感謝」のキーワードのもと表現できているがよかったですね。

新潮文庫と講談社より、本も発売されているそうです。
amazonでは評価は5段階評価の4.5です。

最後にこの映画は本と映画は違うとよく言われますが、原作に忠実に映画も作られているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

ブログは怖い

nosaさんのような、、、

ブログは怖いですね。
「トリノ五輪有名選手、中絶強要‥ネットで”転倒” 元カノと公開日記で中傷合戦」って記事がありました。

「YouToBe」を見つけたブログに紹介されてあったのですが。

ZAKZAK」はサンケイグループ系のメディアですが、以前からあまり表には出ないが、面白い記事がよく載っています。
ZAKZAKが載せて、他社も載せていいのかなって感じで表に出て行く記事もあるように思います。

さて、前述ブログの内容です。
有名選手というのは、ちょっと調べれば分かるので伏せておきますのが、今回の件、自分だったらと思うと怖いです。

こういうのをほぼ一般公開しているブログでやりあうのは。
完全に無視し続ければ、一人芝居に見えていいのかもしれませんが、、、

返してしまうと。しかも、知人であるというのを過去のやり取りで分かってしまうと、ネット上で気安く仲良くするのは怖くなりますね。

変な話ですが、女の人と付き合う場合、インターネットリテラシーの高い女の人と低い女の人で悩んだ場合、低い方を選択した方が将来的に無難ていう考え方もでてくるかも。

後はリアルとネットでは全く別人を装うとか。こういう人は多いですね。
以前、チャレンジしてみましたが、無理出したが、そうするのが本当はいいのかな。

まぁ、自分の場合、有名五輪選手のように露出しているわけでもないので、恥ずかしくても影響もたいしたことないですが、気をつけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/06

とれたまと森三中

nosaさんのような、、、

今日、昼に恵比寿で打ち合わせがありました。
atreの6Fでランチをしながらミーティングです。

2Fのatreの入口に向かう途中、エスカレータで「とれたま」の人らしき人発見です。
「とれたま」とは、東京は12chの夜のニュース番組「WBS(WORLD BUSINESS SATELLITE)」の1コーナーです。
正式名称は「トレンドたまご」。
そのコーナーを担当していたアナウンサーらしき人を発見しました。
今は、土曜日の担当になっていたかな。

やはり、まわりの素人の方と違って、かわいかったですね。
テレビで見ている人が生で見て、よかったら安心しますね。
で、そのアナウンサーの人の名前も序に調べました。
「塩田真弓」アナでした。

そして、帰りしなに、ランチを食べていたレストランの入口付近に「森三中」を見つけました。
テレビに出演しているタレントは以外と背が低いからか、大島美幸と黒沢さんは以外と大きく無かったです。
もっと「森三中」を知りたい方は、
森三中(公認ホームページ)へ。
ちなみに、faviconは、緑のうんこでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

アメリカで放映中のTWENTY FOURも

nosaさんのような、、、

アメリカで放映中のTWENTY FOURも後、3分の1か4分の1くらいです。

相も変わらず、ネタばれの可能性有なので、気をつけてください。

前回なかなか死なない○○は、書きましたが、、、
とうとう、、、後、12時間というところで、、、

それにしてもSEASON 5は中心人物が一体何人亡くなるのだろう。
皆、売れてきて他で仕事が増えてきたのかなぁ。

クロエの後輩でクロエがいない間に対抗意識をもってしまったあの人も。
売れたのかなぁ。あの人の場合は、そうでないような気もしますが、、、

これだけ実際無くなって、寂しくなる一方、大統領は駄目ぶり。
なんとなく、CTUと問題の解決はジャックとクロエだけで殆ど解決しているように感じるかも。

シーズン6はジャックとクロエが結婚して、CTUから居なくなった辺りからスタートしてみるとどういう展開になるのだろうか逆に心配です。

またまた、我慢できずにTWENTY FOURでした。

24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

熱海旅行料理(調理)編

nosaさんのような、、、

昼過ぎで、餌が完全に無くなるまで釣りをして、熱海駅に夜のお酒やら、釣った魚の調理材料などを買出しに行きました。
朝、水葉亭に泊まっていたおじさんがもうすぐ朝食ということで、オキアミを頂きました。
全て使わせていただきました。ありがとうございます。

釣りの後は、ゴミひとつ残さず、きれいに帰路につきました。
TS310082

腹ごしらえもして、更にあてを買うのに手間取ったので、別荘に戻ると写真のような時間になっていました。
夕暮れ時の伊豆山港です。
きれいです。釣った魚だけでは少なかったので、さよりとアジの干物も買ってきました。

TS310083

もういくつか食べた後ですが、グレのから揚げとグレとタナゴの煮付けです。
グレのから揚げは捌いて、小麦粉とダシを混ぜたのを付けて油で揚げただけです。
それがタクシーの運ちゃんの言った通りうまかったです。
煮付けは醤油、みりん、ダシで煮付けただけです。
魚はちょっとお酒に付けておきましたけど。味もよかったです。

TS310084

伊豆山の焼酎と、太巻きです。
伊豆山の焼酎は多少癖はありますが、まあまあでした。
太巻きは巻き寿司を更に巻いていたので、めっちゃ太かったです。
味はよかったので、次に言ったときも出前でとろうかと思います。

TS310087

最後は、熱海駅で買ったサヨリです。
アジは食べしまったみたいです。
サヨリはしっかり焼くと骨まで食べれたみたいです。
TAROさん日干し焼き係りありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/03

こんなサイト知っていました?-YouTube-

nosaさんのような、、、

とあるサイトのリンクを辿っていくと、こんなサイトを見つけました。
「You Tube」。
昨年頃からスタートしている?らしく、1年くらいのサイトっぽいですが、今年初めて知りました。
使いこなしていないから何とも言えませんが、MXとWinnyの怪しくない版っぽいです。
ビデオファイルの共有サイトって感じでしょうか。
日本でもこういう系統はたくさんありますが、著作権の問題などでどんなビデオでも見れるわけではないですが、ここはありますよ。

全日本プロレスがテレ東で放映しなくなって、「GAORA」でしか見れなくなったので、寂しくなっていたんですが、ここでは見れました。
キーワードは「AJPW」で検索してみてください。

早速、今年初めの試合「佐々木健介、中島勝彦組VS嵐、カズ・ハヤシ組」のアジアタッグ選手権を見ました。

なかなかいい試合でしたね。雑誌でもいい感じで書いていましたし。
中島勝彦の活躍はすごいものがあります。試合終了後、あの鬼嫁「北斗晶」が涙ぐんでいました。
花道を帰るときも佐々木健介と中島勝彦はすごいファンサービスしていましたね。
特に北斗晶はトレードマークの竹刀を観客に放り投げて(あげて)ました。
よっぽど嬉しかったのでしょう。

日本語では検索できませんが、日本語読み英語や略語などを駆使すれば大丈夫ですので、知らない方は是非アクセスしてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »