« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

TWENTY FOUR SEASON 57話~12話

nosaさんのような、、、

TWENTY FOUR 24 SEASON 5の7話~12話の感想。
(ビデオまで我慢できずに見てしまいました。)

思いっきりネタばれ。以下はご注意を。

とうとう、ジャックと不安にさせまくり大統領と接点が。
そして、大統領からジャックに、、、

スペンサーが再度登場しますが、再々度、登場するかもという余韻を残して、拘留。
その後をみれば、エドガーの○などを考えれば、はやり再々登場か。

恋愛下手なクロエとの絡みが13話以降楽しみです。

そして、新しくCTUに入った単なる優秀なお方では無かったです。
エドガーが死んだのも彼が妹に、、、

今回の展開は敵が一枚岩となっていないケースが散見され、微妙に精神的におちついてしまいますが、CTUや合衆国のハラハラと敵側のハラハラも楽しめますね。

元CTUでジャックをCTUに引き入れたが、ジャックに祀られたヘンダーソンなる人物が登場。CTUに拘束されるが、CTUがえらいことになるので、この男がどう出るかが今後の展開に影響するのでは。

一点面白かったのは、私だけかもしれませんが、以外と偉かったのはカーティスだった。

副大統領も登場。ひょっとして、ツインピークスに出ていたおやじかな。

ウォルトの死以降、アメリカvsロシアの大戦争に発展しそうな展開に油に火を注ぐようなタイプの登場です。

さて、次は13話から。

24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/30

保釈金の計算方法

nosaさんのような、、、

堀江氏3億円、宮内氏5000万円、中村氏2000万円、熊谷氏1500万円、岡本氏1000万円という保釈金。

保釈金を調べてみました。ググるとすぐに。
「保釈請求の際、保証金として裁判所に預けるお金。ごく普通の学生やサラリーマンで覚せい剤事犯の場合 150万円~200万円ぐらい。保釈とは裁判前に開放してあげる代わりにお金を預りますよ、というシステムであるから 裁判が終るまで逃亡しなければ、保釈金は返金される。

つまり、保釈される被告人が逃げられないような金額を設定するため、被告人の経済的な状況にあわせて金額が決定される。」
とありました。

経済的な状況にあわせて金額が決定されるとは、何か算出する計算式があるのかなと思い更に調べてみる。

年収?資産?
しかし、いい計算式が見つからない。

保釈にはいくつか種類があるみたいです。
詳しくは、Wikipedia - 保釈

後、[教えて Goo]にも参考になる情報が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/29

ネイティブ流「会話上手の英語表現」

nosaさんのような、、、

英会話に関する本を頂きました。
人気携帯サイト「シネマ英会話」の書籍化された本です。
今、お仕事をしている方が関わっている本ですが、映画のセリフから英会話が学べる内容になっています。

今まで英会話が外国人の知人などから学んだりしたことはありますが、基本的に使わなくなると忘れてしまいますね。

先日、なんでこんな子がという英語を話せる(仕事も経歴も英語とは全然関わっていない)女性に、どうやって英語を覚えたかを聞きましたが、「外国人と付き合うと覚えるものなのよ。」と教えてもらいました。
過去に5人以上と外国人と付き合ったことがあるらしいのですが、1人目は片言。2人目は日常会話の最低限程度。3人目はけんかや意思表示も。4人目でよっぽど難しい映画や歌でない限り理解できるようになったらしいです。

ちょっと話はそれましたが、映画のセリフにもなっていて、普段使いそうな言葉を判例をつけて紹介してくれています。
また、覚えた言葉を映画で確認できたりすれば、印象にも残り、楽しく無理なく学べそうな本でした。

是非、英語に接する機会はないけど、少しでも英語を学べる機会があれば、学びたいという人にぴったりの本では思いました。
ネイティブ流「会話上手の英語表現」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/26

劇『ナンバー(A Number)』と映画『アイランド』

nosaさんのような、、、

お父さんが気に入らない一番目の息子を捨てて、その息子を複製した新しい息子を作りながら始まる韓国で上演されている演劇『ナンバー』。
自分がクローンであると気づいた主人公リンカーンが、隔離された居住空間からの脱出を図る映画『アイランド』。

クローンは既に、





マウス
など、人以外には実用化されている部分もありますが、
いずれも、人間などでは問題になるのは、自分がクローンに気づいたとき、自分のクローンが存在することに気づいたときです。

クローンという言葉の語源はギリシャ語で、小枝=Klonだそうです。
分かりやすく理解するには、全く同じ遺伝子を持った複製を指します。
正しいかどうか分かりませんが、一番近いのは一卵性双生児になるのでしょうか。(違うのかな!?)

只、意識は別々のようなので、アイランドでいうリンカーンの場合は、自分で自分の複製を作っているので、依頼側からすれば意識は別の自分の複製なので、意識も移動できなければ、自分は行き続けるということは実感、体感はできない。
今のところクローンの対象とは別の依頼者の願望を満たすための手段という感じです。

今の世の中、理性のないひとが増えているので、その内にクローン人間がもし現れたとき、皆はどのような対応するのか大変気になりますね。
親のいない人になりますし。考え始めると、反対する人気持ちがよく分かるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

堺市場

nosaさんのような、、、

先日、堺市場内の天ぷら 大吉を紹介しました。
堺市場には他にも店があるので、紹介しようかと思います。
天ぷら 大吉以外の店にも興味のある方は参考にして頂ければ。

天ぷら「天市」
「大吉」よく早く開くそうです。
ここも天ぷらとアサリの味噌汁が美味しいそうです。
「大吉」の開店12:00迄まで待てない、あんなに並んで食べてられない方は、一度、試してみては如何でしょうか?

手打ちうどん「香川」
なかなか美味しいらしいです。カレーうどんが有名らしいです。
香川にはつりでよく讃岐うどんを食べに行きましたが、その店もめっちゃ美味しかったので、折見て紹介したいと思います。

それ以外でも居酒屋、寿司屋が「大吉」のそばにあります。
寿司屋はしろエビが美味しいという情報もありますが、店員の愛想が悪いという情報も、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

TWENTY FOUR SEASON 51話~6話まで。

nosaさんのような、、、

TWENTY FOUR 24 SEASON 5の1話~6話の感想。
(ビデオまで我慢できずに見てしまいました。)

思いっきりネタばれ。以下はご注意を。

18ヶ月前からのあらすじでスタートするので、バウアーが死んだことになって1年半という設定。
SEASON 4まで大活躍だった人が立て続けになくなり、これは新しい配役の人が活躍する予感でスタート。
そして、その秘密を知っている人が鍵を握ることに。
とんでもない人が敵に廻ったりしますが、今までと違うのは、悪役が完全な悪役ではなく、たまたま悪役を演じさせられてたり、そうでもなかったりと。
私個人的にはミッシェルがこの後登場しないというのが大変残念。楽しみが一つ減りました。

バウアーの戻るところの変化も面白いかも。
ダイアン(ここからスタート)⇒オードリー(バウアーがダイアンに告白)⇒ダイアン(バウアーが再び雲隠れを決意)
ダイアンとオードリーのポーカーフェイスでの牽制合戦。
さすが主役、モテますね。SEASON 6では女をくどくシーンなども入れて欲しいなぁ。いつもくどいた後だから。

とにかく、いいもの中に悪者がいたり、悪者の中にいいものがいたりと、どうにでも転換できる展開です。

SEASON 4では一度、仲違いを起こすと、なかなか修復されなかったりしましたが、SEASON 5では何故か皆、大人に成長したかのように協調性がでてきます。

恋愛関係で行くと楽しみなのが、
エドガー-クロエ-スペンサーの三角関係。(エドガーは言い切ってしまっていいかどうかはありますが)
今まで、全然、男と縁の無かったクロエが三角関係です。
微妙に思い通りに進まない部分が気になります。

ローガンも単なるおバカさん大統領ではなかったり。

さぁ、次は第7話です。楽しみです。

24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

結婚式で「KIHACHI(キハチ)」に。

nosaさんのような、、、

日曜日に結婚式で銀座の「KIHACHI(キハチ)」に行ってきました。

金曜日、土曜日と深夜まで呑み会だったうえに、午前開始だったため、酒が体から抜けない状態での参加になりました。

私ははじめて知ったのですが、フランス料理をベースした多国籍料理で有名な店だそうです。
料理を期待と話を聞いていたので、楽しみに味わいました。

チーズが食べれないので、入っている料理を確認したり、取り除いてもらえるようにお願いすると、快く受け付けてくれて、その他に駄目な食べ物も確認されました。

味もよかったですが、店員の方の対応もすごくよかったです。

魚料理が好きだからか、料理名は忘れましたが魚料理が美味しかったです。

デザートは苦手なので全て食べることは出来ませんでしたが、量の割には美味しく殆ど食べたような気がします。

上品な店なので、あまり行く機会は無いですが、たまにはいいですね。こういう店も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

第三十五回技術者交流会報告

nosaさんのような、、、

第三十五回技術者交流会にご参加頂きありがとうございました。

前回に続いて日本オラクル様への入館もスムーズになってきました。
次回もオラクル様と相談して日本オラクル様になるかもしれませんが、よろしくお願い致します。

二次会もいつもより多数の方にご参加頂きありがとうございました。

また、オラクルの皆様、今回もお手伝い頂きありがとうございました。

さて、次回は7月を予定しておりますが、案内は4月中旬以降頃にメーリ
ングリストにて案内する予定です。

GREEやmixiのコミュニティもありますので、参加頂ければそちらのほうでも案内
するようにします。

当日はじめて参加された方は後ほど、メーリングリストへの参加確認メールが届
くかと思います。
当会の案内はメーリングリストにてしますので、参加頂けます様、宜しくお願い
致します。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/19

第三十五回技術者交流会(D-Alley)は今日です。

nosaさんのような、、、

第三十五回技術者交流会(D-Alley)は今日です。
詳細は下記の通りです。
日時:05月19日(金)
場所:日本オラクル様 本社 17F会議室
地 図:http://www.oracle.co.jp/corp/gcmap.html

開始時間:20:00~

今回も日本オラクル様にお世話になります。

【入館方法】
1. 1 階のオフィス棟の受付にて、入館処理を行います。
   訪問先は 日本オラクル株式会社T様でお願いします。
   身分を証明するもの(名刺等)を提示を求められます。
2. 17 階へエレベータで上がっていただきます。
   セミナールームに直接お越しください。
↑詳細はメーリングリストの案内を確認お願いします。
また、当日、場所や入管法法で分からない場合はメーリングリストの私宛に電話頂ければと思います。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/18

リーグ・オブ・レジェンド

nosaさんのような、、、

リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い見ました。
ショーン・コネリー主演ですが、この手の映画にはやはりぴったり合いますね。

ストーリー的にも時間的な展開などがあり、見ごたえがあるというか大変満足感がありました。

CGとの融合もよく、安っぽくない映画にも仕上がっていました。

これからは多少、ネタばれになりますので、ご注意くださいませ。

金太郎パターンで仲間を増やしていくのですが、一番強そうなドリアン・グレイが裏切ったときはどのような展開になるのか気になりましたが、透明人間が、、、大どんでん返しの連続というわけではないですが、それなりにワクワクして見れました。

テレビ版ニキータではあまりきれいとは思っていなかったペータ・ウィルソンは、この映画では結構きれいに思ったのは、私の趣向がおかしいのかな。

彼女はフィットネスモデル出身ながら、今ではプロダクションも設立しているプチ女キーファー・サザーランドをめざすのかなぁ。

ストーリーとは大きくそれましたが、アクションものが好きな方は是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/17

第三十五回技術者交流会(D-Alley)は今週末です。

nosaさんのような、、、

第三十五回技術者交流会(D-Alley)は今週末です。
詳細は下記の通りです。
日時:05月19日(金)
場所:日本オラクル様 本社 17F会議室
地 図:http://www.oracle.co.jp/corp/gcmap.html

開始時間:20:00~

また、オラクル様にお世話になります。

【入館方法】
1. 1 階のオフィス棟の受付にて、入館処理を行います。
   訪問先は 日本オラクル株式会社T様でお願いします。
   身分を証明するもの(名刺等)を提示を求められます。
2. 17 階へエレベータで上がっていただきます。
   セミナールームに直接お越しください。
↑詳細はメーリングリストの案内を確認お願いします。
また、当日、場所や入管法法で分からない場合はメーリングリストの私宛に電話頂ければと思います。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

てんぷら大吉-堺市場内

nosaさんのような、、、

数年前から美味しいと教えてもらっていながら、ようやく大阪は堺市場内の「てんぷら 大吉」に行ってきました。

深夜12:00からということなので、11:00頃を目指していきました。(実際は11:15着)
到着すると、既に行列ができていて、店先から続いている行列の先頭からぐるっと角をまがったあたりまで列が繋がっていました。

結局は1:00頃に入店できました。先頭10~20名ほどは椅子に座れるので、並んで足が疲れているということは無かったのですが、外にも席があり、美味しそうに食べている姿を見て、かなりの空腹状態でした。

また、入店するうえで、外の席と中の席で外の席でも全然気にしないという人は外の席の方が比較的早めに食べれます。

頼んだのは、
◆てんぷら盛り合わせ
◆あさりの味噌汁
◆天丼
というまずはオーソドックスに攻めてみました。

てんぷらの盛り合わせは評判通り、上品な味ではないですが、さすが市場、新鮮さがあり大変美味しかったです。
で、結構ボリュームもあります。

あさりの味噌汁で驚いたのは、食べ終わった殻を足元に皆捨てていたこと。
食べていると、店内や店外では床にあさりの殻を捨てる音が鳴り響いていました。
味ですが、これも新鮮さがあり大変美味しかったです。

最後に天丼です。
天丼もエビの新鮮さがいきて、なかなかなものでした。

全体的にボリュームがありますので、食べるときには一気に頼まず、最初に2品ほど、後はお腹と相談しながら追加で頼むがよいかと思います。

基本的に車での移動になるかと思いますので、食事時のビールなど酒類の呑みすぎには気をつけて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/15

V・フォー・ヴェンデッタ

nosaさんのような、、、

V・フォー・ヴェンデッタを見てきました。
最初は怪傑ものなので、微妙なちゃちっぽさでストーリーやいいところが消えないか気になりました。
全然気にならずに楽しめました。

これ以降は多少、ネタばれの可能性がありますので、ご注意くださいませ。

原作はイギリスのコミック本らしく、当時、相当な人気だったにも関わらず、途中で廃刊になり、今回の映画で完結?したらしい。

”V”の顔が夜の夢で出ないか気にもなりましたが、私的には大丈夫でした。
”V”自体は別に悪者でもなく仮面自体は正義の味方だったので、潜在意識に恐怖感がでなかったのかも。
仮面のイメージが強く中の顔を覚えていないのですが、主演の”V”を演じるヒューゴ・ウィービングはマトリックスやロード・オブ・ザ・リングにも出演している俳優なんですね。

個人的にはナタリー・ポートマンの演技が光っていたようにも思えます。

こういう映画は私の場合、ストーリーとテンポがあっていないと映画のいい悪いに関わらず寝てしまうタイプでしたが、最後まで寝ずに見て、好みのハッピーエンドだったので、全然退屈もせず、最初から最後まで辺に頭を使わずに楽しめました。

最後に1点気になるのは、公式サイトのFaviconがネットスケープになっている、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/12

2度寝で見た銃で狙われる夢

nosaさんのような、、、

朝4時前に寝床についたのに、5時半に目が覚めた為、8チャンネルで「めざましテレビ」を見ながら2度寝してしまいました。
どうせなら、もう少し早く起きて、杉崎アナウンサーも見たかったと後悔しながらも、よくよく考えたら、「めざにゅ~」が始まる前くらいに寝始めたので、、、

とにかく3つ位の夢が連続したような夢でした。
1つ目は女の人も出ていた楽しい夢だったように思うのですが、思い出せません。
2つ目は会社で先輩によくしてもらって、褒められて、恐縮しているんだけど、お言葉に甘えてしまう夢だったような。
3つ目はその会社から出て、明治通りのような道を歩いていると銃を乱射している奴が出てきて、、、

3つ目の夢ですが、1つ目か2つ目で実を言うと銃声を聞いて、遠目であいつが銃を撃っていたのかと一緒にいた人と「おっかないなぁ~」と話をしていた記憶が。
そして、3つ目で明治通り沿いの黄色い看板の博多天神ラーメンの前(夢の中ですが)らしきあたりを歩いていると後ろで銃声が聞こえました。

ちなみに、迎えの道沿いにある「渋谷三丁目らあめん」は支払いを済ませるとミニソフトクリームがもらえるという情報がありました。私が行ったときはもらえなかった様な、、、もうなくなったのか、ミニソフトクリームをあげるまえだったのか。

で、後ろを振り返ると若い男が銃を乱射していました。
側にいたおじさんと中年男性と近くの工事中の店に逃げ込みました。
しかし、乱射している若い男はこちらに向かっている気配を感じ、皆、いっせいに伏せました。どうやら、こちらに向かって乱射しているようです。

まわりの人の様子を見ようと思いましたが、自分が伏せるだけで精一杯でした。
一発くらい当たったんじゃないかなって感じでした。

そして、伏せた状態で乱射している方を見るとなんとすぐそばにその男がいるではないですか。思わず撃たれて倒れた振りをしながら、薄目でその男の様子を伺っていると、立ち去りました。周りの人と「大丈夫?」って感じの目で合図を取りながら起き上がりました。
ってそんな夢でした。

早速、夢診断で調べました。
他人から銃を向けられているのは、周りからの重圧に 押しつぶされそうになっています。
      心身ともに疲れているので 少し休息が必要かも。」
とあったり、
銃は「 性欲、或いは、怒りや批判への自己防衛を象徴。」
であったり、
「撃たれて血が出た夢を見るとラッキーな暗示です。」
とあります。

以前も見ましたが、以前は撃たれたように感じましたが、血は出てたかどうか。
今回は撃たれませんでした。

いずれにしてもちょっと2月から徹夜などが重なっているので、疲れているのかなぁ。
ちょっと旅にでも出たほうがいいのかも。そんな状況じゃないので絶対にいけませんが。

今度地元に戻ったときにでも「USJ」でも行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

第三十五回技術者交流会の日時決定

nosaさんのような、、、

第三十五回技術者交流会は、
05月12日(金)と
05月19日(金)で開催希望日を募りましたが、下記の通りで決定しました。

第三十五回技術者交流会日時、場所は次のように決定しました。
日時:05月19日(金)
    20:00~
場所:日本オラクル様 17F会議室
地図:http://www.oracle.co.jp/corp/gcmap.html

入管方法があります。
詳細な入管方法はメーリングリストにてお知らせしております。

前回に引き続き日本オラクル様にお世話になります。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/10

TWENTY FOUR SEASON 5日本語DVD化は

nosaさんのような、、、

TWENTY FOUR SEASON 5の日本語版DVD化が今年の秋との情報をブログで見つけて思わず書いてしまいました。
秋ということは、後、半年弱程あるのかと思うと、ちょっとモチベーションが保てるか心配です。
それまでに評判のいい「LOST」でも見ようかと、、、

で、秋に日本語版DVDが見れるのか否か調べてみました。
シーズン4が
1月にアメリカで放送スタート、
9月に日本語版レンタルスタート、
11月にDVDボックス販売
だったので、シーズン5も1月にアメリカで放送がスタートしているから恐らくシーズン5もそうだろうというネタでした。

シーズン6以降も3年間契約延長ということは、シーズン8までは続くということなので、TWENTY FOURだけに頼らないパターンも考えておくのもよいみたいですね。

今日は、24占いなるものを紹介。
ちなみに私は、

シェリー・パーマーと出ました。
なかなか嬉しい結果ですが、シーズン5でいきなり○○するので、微妙な心境です。
一点、自信持って誤りのある結果は、
「おしゃれも上手です。しかも最新のファッションに自分なりのアレンジを効かせられるので、周囲からはとてもセンスの良い人として、一種の憧れを抱かれているようです。」
あたりですね。
これだけは、今まで生まれてきて一度も言われたことがない。反対は何度も言われたことありますが。

さぁーて、皆さんも占ってみてください。
24-TWENTY FOUR-占い
裏24-TWENTY FOUR-占い

24

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/09

MOBOMOGA

nosaさんのような、、、

ゴールデンウィーク前に、
コンテンツ準備中ですが、ベンチャーパフォーマンスMOBOMOGAをサイトオープンしました。

ベンチャーパフォーマンスは、簡単な紹介を先回しました。
MOBOMOGAは「仕事を遊び、趣味を遊び、酒を遊び、人生を遊ぼう」ですが、遊びとはおチャラけていることだけが遊びではなくて、真剣な遊びの中には、仕事が遊びであったり、趣味が遊びであったりします。

○○を楽しむと書くとどうしても楽しむの漢字が「楽」(ラク)になるため、この表現がよいのではと思っています。
最近は、COOLに一生懸命なところを見せない風潮がありますが、楽することや楽に見せることを意識しすぎるあまり、自分に弱くなったり、自分に正直になれなかったりしている人が増えているようにも感じます。

そういう意味でもMOBOMOGAで、いろんな意味で人生を楽しんでいる人や遊びや生き方を紹介できればと思います。

今のところ、ビジネスとしてのモデルは特に考えていませんが、主運営会社エーシークリエイト様と長い目で見て、ぼちぼち考えていこうと思っています。

私的には、会って話しするだけで楽しく、刺激を受ける人と出会えるので満足です。

悲観的な意見やマイナスイメージを持ちやすい人が増えているこの御時世、悲観的なことを考えたり、マイナスイメージを持ったところで、根本的な満足は得ることができないので、当サイトで紹介している人や遊びの内容を参考に読者の方には楽観的な意見やプラスイメージで今後は行こうという感じになってもらえればと思います。

私もサラリーマン時代や今でも他人の悪口や所謂グチを言ってしまいますが、そういう自分を意識してなくすことによって、前述のような感じになれるように思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

表参道駅出口に車が突っ込む!?

nosaさんのような、、、

耳を疑うような事故がゴールデンウィーク中にありました。
最初に聞いたときは、聞き間違いか軽ーくギャグが入っているのかなと思いましたが、テレビで映像を見たらそのままでした。

いくつかニュースソースを
表参道駅に車突っ込む!地下1階まで転落[日刊スポーツ]
いい意味でも悪い意味でも気になる点は、
酒酔いの可能性があったということ。
酒酔いだった場合、シラフでもあんなところ入っていくの難しいのによく入れたなぁ。
酒酔いといっても9時45分、朝から呑んでいたのか昨日の夜から朝まで呑んでいたのか。
車や地下鉄出口には損傷はなかったこと。奇跡のよう。
損害があった場合、相当な損害賠償請求があったと予想されますね。

他は、
あわや大惨事!地下鉄入口に車が突入…東京メトロ表参道駅[サンケイスポーツ]
GWの表参道駅あわや大惨事[スポーツニッポン]
地下鉄出入り口に車で突っ込んだ男、自称神社職員[朝日新聞]
、、、

事故られたミニバイクの人は軽傷だからか通常、一番心配されるのに焦点は地下鉄出口を突き進んだ車に集中しちゃって、なんだかかわいそうです。

また、シトロエンはこんなにいい宣伝は無かったのではないでしょうか。
車が潰れていたりなんかしたら、そうでもないですが、無傷だったし、後ろのロゴ露出しまくりでした。宣伝効果を調べたりする人がいたら見てみたいですね。
自動車会社がスポンサーをしているニュース番組なんかは「シトロエン」というロゴが移らないような編集をしたのかなぁ。

只、一歩間違えると数人の死傷者を出していた大惨事になっていたかもしれませんので、お酒を呑んだときには必ず車を運転しないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

近くの整体はまぁまぁ

nosaさんのような、、、

右腕が仕事のし過ぎか、異常な懲りのうえ、寝るのもつらくなってしまいました。
テレビで悪霊が憑いてもがき苦しむかのように、寝床では、上向いても、右向いても、左向いてもどんな格好をしても右腕特に肩の痛みはつらいです。

何箇所かのマッサージに行ったものの、マッサージ後は楽になるんですが、時として揉み返しがきたりと、完治の兆しがなくなってきたので、検討しました。

指圧マッサージではなく、整体かカイロプラティックか気功か。

で、この間、腰を気功してもらったこともあり、気功に行きました。
が、しかし、看板には気功の文字があるのですが、中に入ると気功らしきものは一切ありません。メニューに気功の「気」の字もでてきません。

再度、気功の治療院を探そうとしていたら、近所に最近、整体の治療院ができたのを思い出し、行ってみました。
基本は整体というより、マッサージ中心でしたが、1時間2500円とコストパフォーマンス的にはよかったです。

先生も丁寧な人で、手頃で手短かなところとしては、いい治療院を見つけました。

又の回になりますが、めっちゃいい治療院を見つけましたので、紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

エミリー・ローズ見ました。

nosaさんのような、、、

「エミリー・ローズ」を観ました。
109シネマズに行って、「ファイヤー・ウォール」か「SPIRIT」か「イーオン・フラックス」か悩みましたが、時間がちょうどよかったので、「エミリー・ローズ」を観ました。

実話ということで、楽しもうというよりは、じっくり構えて観ました。
しかし、ストーリーが面白くなかった訳ではないのですが、小睡眠を5回ほどしてしまいました。
観終わった後は、少々、首が痛かったです。新幹線で東京-大阪間を一眠りした感じになっていました。

サブタイトルにある「この映画はホラーではない、実話である。」というように、ホラー映画独特の怖さは無かったです。ホラー映画独特の演出もなかったようにも思います。

一つ考えさせられたのは、科学で実証できることは、悪い結果が出ても罪に問われることがなく、科学で実装できないことは、いい結果が出ても罪に問われる可能性があるということ。

科学はいつの間にこんなに力を持つようになったのかということですね。
悪魔を信じているわけではないですが、科学をどこまで信じて良いかという部分では、一度、考える必要があるように思えます。

例えば、DNA鑑定は本当に正しいのかなど。
DNA鑑定が正しいとなれば、そのDNA鑑定は本当に適切なDNA鑑定をしたかはどのように立証するのか気になるようになりました。

DNA鑑定というのは、一般的に皆は結果のみに興味があり、適切なDNA鑑定をしているかなどを気にする人はまずいないだろうと思います。

その辺はいずれ問題になるだろう。また、ならないと怖いなぁと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »