« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/30

モッズ・ヘアのムースがない。

nosaさんのような、、、

ここ数ヶ月、ヘア・ムースがない度にいつも使っているモッズ・ヘアのヘアムースを買いにいくものの、置いているお店がだんだん無くなって、とうとう、近所のお店にはどこも置いていない状況になった。

もしかして、製造中止になったのではと、モッズ・ヘアのホームページを。
ホームページのプロダクトページを見ると。
お店に行ってモッズ・ヘアが置いているコーナーを見たいた時から、気づいていたが、どうもパッケージが変わったみたい。
以前はホワイトにモッズ・ヘアのロゴが付いているシンプルなパッケージだったが、今では赤や青の派手なパッケージに。

時代の流れか、ワックスが増えている。
ホームページを見る限りは、恐らくルースウェーブフォームかシャープウェーブフォームに変わったのかなぁ。

どうやら、コンディショナーもホワイトから赤に変わったみたい。

今度、今のムースが亡くなった時の為に、下調べに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/29

第六十七回技術者交流会報告御礼

nosaさんのような、、、

第六十七回技術者交流会にご参加頂きありがとうございました。

今回もS社様のご協力により、先回と同じく九段下のS社様でしました。

私は二次会もご参加頂いた方はありがとうございました。

次回もS社様に場所お借りすることになります。追って、ご連絡差し上げます。

次回は来年1月を予定しておりますが、案内は12月中旬以降頃にメーリング
リストにて案内する予定です。

GREEやmixiのコミュニティもありますので、参加頂ければそちらのほうでも案内するようにします。

Facebookでもご案内差し上げます。

当日はじめて参加された方はメーリングリストへ登録致しました。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/28

Jリーグ観戦第33節11月26日「ガンバ大阪vsベガルタ仙台戦」万博記念競技場

nosaさんのような、、、

Jリーグ観戦第33節11月26日(土)「ガンバ大阪vsベガルタ仙台戦」を万博記念競技場に観戦に行きました。

優勝が絶望的な中、かすかな可能性と今期で退任の発表のあった西野監督、退団する橋本選手のためにも遠藤の言葉じゃないけど、全力でガンバサッカーをして残り2戦勝って貰いたい。

そういう状況の中、ACL出場は決定しているガンバ大阪、ベガルタ仙台も4位争いをしている中、負けられない試合。
4位になれば、天皇杯の結果如何では、来年のACLへの出場権も得ることができる。
首位争い、降格争いに注目が行っている中、ACL出場への可能性争いも絡んだ試合。
今期最多得点をしているガンバ大阪対今期最少失点のベガルタ仙台の試合。

前節負けているガンバ大阪は、どのような試合ができるか。

前半、ベガルタ仙台のプレッシャーに押されぎみのガンバ大阪、最近よく見られる流れだが、だいたいこういう試合の場合、前半を無得点で抑え、1点でも取ることができれば、ガンバ大阪の試合になりやすいのだが、、、

その中、前半も終了も近づいた25分、藤春のクロスにラフィーニャを通過してイ・グノが頭出に合わせて先制。
後半間際、ベガルタ仙台の猛攻を凌いだというよりは、運を味方につけたというか、誰かのコメントではないが、サッカーの神様が今年のJリーグの演出をしてくれたかのように、3、4点入ってもおかしくない中、シュートが全てゴールを外れてくれて、ガンバ大阪が薄氷の勝利。

最終節、柏レイソル、名古屋グランパスが引き分け以下ならば、清水エスパルスに勝利することによって、ガンバ大阪の優勝の可能性が。。。

次節、優勝するには、ガンバが苦しい時の1パターンであるサイド攻撃がない状態は避けたい。
ベガルタ戦は、積極的に、チームでも信頼を得てきたのか、藤春からの仕掛けが多いのが助かった。
清水戦では、両サイドからの攻撃をどんどん仕掛けて、更にサイドチェンジなんかも加えることによって、真ん中のスペースを作って、パス、ショートカウンターで清水エスパルスを崩すことができれば。
後、守備はセンターバック2人の1対1の戦い、マークのチェックをしっかりして欲しい。
この辺は、GKかセンターバックのいずれかがしっかり口での守備も必要。

清水エスパルスは、PAに近くなると、積極的に打ってくる選手が多いので、前線からのプレスは必須。
特に2列目、3列目は完全制圧するつもりで、セカンドボールへの集中、マイボールになった時のリスクヘッジは気を付けて。
不要なパスまわしをするくらいなら、敵陣ならどんどん仕掛けて、ゴールが見えたら、シュート。
自陣なら、常に味方選手の位置を確認して、ショートカウンター、サイドチェンジ、次攻撃のための味方へのパスを意識して欲しい。

とにかく、最終節、勝って2005年依頼のミラクルを期待。
111126_13400001 111126_13500001 111126_14030001 111126_16080001 111126_16130001

サッカー・フットサルおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/25

第六十七回技術者交流会(D-Alley)は今日

皆さん、村中です。

第六十七回技術者交流会(D-Alley)は今日!!

日時:11月25日(金)

     20:00~

場所:S社様(九段下 or 飯田橋)
窓口:S社様 I様
   20:30以降、ビルの正面玄関が閉まってしまいますので、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/24

第六十七回技術者交流会(D-Alley)は明日

皆さん、村中です。

第六十七回技術者交流会(D-Alley)は明日!!

日時:11月25日(金)

     20:00~

場所:S社様(九段下 or 飯田橋)
窓口:S社様 I様
   20:30以降、ビルの正面玄関が閉まってしまいますので、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/22

第六十七回技術者交流会(D-Alley)は今週末

皆さん、村中です。

第六十七回技術者交流会(D-Alley)は今週末!!

日時:11月25日(金)

     20:00~

場所:S社様(九段下 or 飯田橋)
窓口:S社様 I様
   20:30以降、ビルの正面玄関が閉まってしまいますので、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/21

Jリーグ観戦第32節11月19日「ガンバ大阪vs新潟アルビレックス戦」東北電力ビッグスワンスタジアム

nosaさんのような、、、

Jリーグ観戦第32節11月19日「ガンバ大阪vs新潟アルビレックス戦」東北電力ビッグスワンスタジアムをFooTNiK大崎店で観戦しました。

両チームとも天皇杯で先日敗退したばかりの敗退ショック同士の対決。

雨があまり得意でないガンバは無理せずにパスを回さず、ショートカウンター、ロングボールを多用しながら、攻め込むもゴールまでシュートが出ず、なかなかゴールに結びつかない。
ポゼッションも徐々に新潟が支配し始め、前半は、殆ど新潟の時間。

この新潟の時間を乗り切って、後半修正しながら得点をと思っていた矢先。

前半終了間際に新潟に完全に崩される形で、得点される。

前線からのプレスにより、イ・グノ、ラフィーニャへ決定機を移せないでいる状況で前半終了。

後半に入っても、なかなかガンバの時間を作れないでいる中、武井、二川に替えて、佐々木、キム・スンヨン。

徐々にガンバの時間が増えてきたものの、シュートまで持っていけない。
その中、試合を決定づける様な新潟のゴール。

後半も25分を超えたところで2点差と絶対に勝利が必要なガンバは窮地に立たされる。

最後の交代枠1人を藤春に替えて川西。
交代前、何やら入念に川西に指示を出している西野監督。

その交代が当たり、その後、32分、38分に川西はゴールを決めて、同点。

ここまで来ると、川西のハットトリックでガンバの逆転を夢見るもそのまま試合終了。

前半はセカンドボールを拾えないのと、味方のポジショニングを把握していない中でのパスが多く、ガンバらしくないのが相手に試合を支配された原因。
この辺、ガンバ負けパターンのひとつで今シーズン始ってから、修正されていない点。
只、この時間を乗り越えて、後半修正できた場合は、勝つケースはあるものの、いい加減修正しないと残り2戦勝つのも難しいかな。

セカンドボールに競い勝ちをする対策をしっかりして欲しい。
そして、常に味方のポジショニングを意識して、ボールを受けたらパス。
これができないとそもそもガンバサッカーは成り立たない。早く気付いて欲しい。

そして、この日得点がなかなかできなかった大きな原因は2つ。
ガンバの攻撃がうまくっているときのサイド攻撃が殆ど無し。
サイドでボールを持った場合は、もっと縦への意識したチャレンジ、ボール回しをしないと自分たちでせるためのスペースを潰している。
2つ目は、ペナルティーエリア近くまでボールを持って行っても決定機を作れないでいながら、時間が過ぎてゆく、ガンバがゴールを奪えないでいるパターンのひとつ。
こういう時は、積極的にシュートをして、そのこぼれ球を狙うとかして欲しい。
結局、ペナルティエリア近く、内でボールを受けたら全てゴールを狙っていた川西のみがゴールを奪う。
この辺も残り2節、簡単な修正なので、修正して1点でも多く取って2戦連勝で終わって欲しい。

よくない原因2つの修正と、うまく行く為の修正2つをして、来週は仙台戦、万博まで応援しに行くので、前節負けている借りを返してほしい。

サッカー・フットサルおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/18

第六十七回技術者交流会(D-Alley)は来週末

皆さん、村中です。

第六十七回技術者交流会(D-Alley)は来週末!!

日時:11月25日(金)

     20:00~

場所:S社様(九段下 or 飯田橋)
窓口:S社様 I様
   20:30以降、ビルの正面玄関が閉まってしまいますので、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/17

第六十七回技術者交流会(D-Alley)日時決定!

皆さん、村中です。

第六十七回技術者交流会(D-Alley)日時決定!!

技術者交流会は会場の都合上、次の日時で決定しました。

日時:11月25日(金)
     20:00~

場所:S社様(九段下 or 飯田橋)
窓口:S社様 I様
   20:30以降、ビルの正面玄関が閉まってしまいますので、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/16

2014年ワールドカップ アジア3次予選 第5戦 日本vs北朝鮮戦

nosaさんのような、、、

2014年ワールドカップ アジア3次予選 第5戦 日本vs北朝鮮戦を恵比寿のFooTNiKに観戦に行きました。

先発は、川島、吉田、内田、遠藤、香川とGK、DF、3列目、2列目と今までの試合のレギュラークラスを西川、栗原、伊野波、細貝、清武に替えて試合開始。

西川、清武は安心感はあるものの、栗原、細貝が吉田、遠藤の替りができるかが焦点になるかと思いきや、前半から北朝鮮の時間。
ポゼッションは北朝鮮で、日本は攻めても、何がしたいのか、パスなのか、ただ単に蹴っているだけなのか、北朝鮮のフィジカルが高い、スピードに押されているというより、日本の選手の連携があっていないというか、誰にパスを出しているのか、どうしたいのかとてもプロとは思えない、日本の代表とは思えないプレーが連発。

特に栗原はペナルティエリアでやってはいけないプレーを連発、PKを取られなかっただけでも運が良かったほど。
ファールをしないと相手をとめれないプレーを見てて、ザックは何を思ったか、後半、使い続けるとしたら、どういう指示を出すのか興味を示しながら、後半へ。

後半は、選手交代無し、スタート。
しかし、前半と何も変わらないというか中盤での溜めもなければ、どう攻めようという攻撃の中心選手も分からない状態。
中村憲剛がそれをしてもらればと思うも、思うように中村憲剛にボールも集まらなければ、ボールを収めることもできない。
たまに積極的なプレーも見せるも、もっと、積極的に行って欲しいところで。。。

ディフェンスも今野がマネジメントしているのか、栗原がマネジメントしているのか。。。
まとまりのないディフェンスが続く、西川のファインセーブでなんとか0点に抑えているも、とうとう、パク・ナムチョルに均衡を破られ、1点を先制される。
この1点もGKの目の前でディフェンスが2度も競り合って、2度とも負けて、ゴールされるというなんとも情けないディフェンス陣。
西川がかわいそう。
後ろから見ると、なんとか西川取って欲しかったという気持ちもあるかもしれないけど、あれは、スーパーな運動神経がないと。。。

その後、中村憲剛から内田篤人に交代。3バックに。
この時点でだれが、試合を作るの???ザック迷走の始まりのようです。

そして、前田遼一からハーフナー・マイクへ交代。
そもそも足元では試合になっていなかったので、ハーフナー・マイクを使う可能性があるんだったら、もっと早くに交代すべきでは???
もう、どうやって勝ったらいいのかもイメージも無くなっている様子。

最後は、清武弘嗣から李忠成へ交代。
出ましたフォワードをたくさん出せば点が入るのではという何年か前のサッカーではやっていたかもしれない策。

この敗戦はもう終わったことなので、最後、ウズベキスタン戦まで時間があるので、選手の試し、準備、戦略、サッカーの基本から見直してほしいですね。
強がりや、勘違い、ごまかしをし続けていると、ワールドカップ出場も危うくなるかもしれません。

111115_15550001

サッカー・フットサルおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/15

芦ノ湖のワカサギを食べた。

nosaさんのような、、、

芦ノ湖で釣ったおおぶりのワカサギを料理して食べました。
いつも相模湖で釣っているより、量も多め、おおぶりで食べ応えのあるワカサギでした。

いつもしていないフリットに挑戦。
と言っても、天ぷらの薄力粉を強力粉に替えただけですけど。

まずは、唐揚げ、薄力粉をまぶしたパターンと片栗粉をまぶしたパターンで。
いずれも柚子ドレッシングをレタスに載せたワカサギの唐揚げごと掛けて食べました。
抹茶塩、岩塩に付けても食べましたが、これを宛にビール飲むと、ビールが進みます。
ビールがどんどんなくなっていきます。
序にレタスも無くなっていき、めっちゃ旨すぎました。

その後、天ぷら。
そして、フリット。
天ぷらは、天つゆで食べましたが、フリットは、マヨネーズとケチャップを混ぜたので食べました。
食べ終えた後、ワインビネガーを振りかけて食べるのを忘れましたが、フリットもつれすぎた時はいいですね。

こういうたくさん釣れた時は、あまり手を掛けずに、いろんな料理にしておいて、あまったら、凍らせるか冷蔵庫に入れておくと、電子レンジでチンで2、3日は持ちます。
置いておいたのは、次の日の昼ご飯や、お酒の充てや、晩御飯にでも。
唐揚げは、余ったら、玉葱のスライスと一緒に、醤油、酒、みりん、酢で南蛮漬けです。
玉葱のスライスは、大根おろしでもいいですね。

そして、最後はフライです。
フライは美味しいウスターソースを掛けて食べながらも、フリットで掛け忘れたワインビネガーをまぶして食べました。
序に、ポテトやパブリカなども揚げてしまってよかったですね。
それにしても、うまかったです。来年ももっと数を釣って、食べまくりたいです。
111112_20310001 111112_20400001
111112_20410001 111112_20460001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/14

芦ノ湖「ワカサギ釣り」

nosaさんのような、、、

先月釣行したにも関わらず、天候の影響でできなかった芦ノ湖へワカサギ(公魚)釣りに行きました。

先回と同じ福井釣船店からの出船です。
普通はワカサギロッドを使ったりしますが、お店のアドバイスで、トラウトロッドでのワカサギ釣りです。
というのも、ここのワカサギはいつも行っている相模湖よりも大きいんです。
小さめのイワシ並ですね。

水深も深いので、トラウトで使うような普通のリールの方が楽でいいです。
そして、先日、トラウトデビューした鱒レンジャーのワカサギデビューです。

出船当初は、少し先まで霧で見えない湖でしたが、昼頃から霧が晴れてきて、富士山も顔を出し始めました。

たまにつれない時間ができたりもしますが、常にちょこちょこですが釣れ続けました。
只個人的には、当初14本針を使っていたのですが、もちろん、芦ノ湖スペシャルですね、連チャンが最高4匹だったので、5匹や10匹の連チャンを経験したかったですね。
それは、次回の楽しみに。
だいたい、1匹か2匹が多かったので、手返しが多く、数や量を釣るには効率が、、、

最後は、雨が降り始めると同時に納竿。

100匹は釣れたと思いますが、1kgを超えるには、この倍は釣りたかったですね。

陸に戻った後は、手を洗って、珈琲を頂いて、記念撮影です。
帰宅後は、追加で鱒レンジャー青も追加購入。

111112_06180001 111112_07130001 111112_08010001 111112_08440001 111112_13280001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/11

渋谷・カレー「ゴーゴーカレー」

nosaさんのような、、、

渋谷は渋谷警察署前のビルの地下にあるカレー屋「ゴーゴーカレー」に行ってきました。

別名金沢カレーともいうゴーゴーカレー。
普通のカレーとは違い、ルーは真黒です。
カレーの具も感じられず、こってりしたカレーがライスに掛かっていて、千切りキャベツが付いてます。
関東方面でも店舗が増えてきて、渋谷にも2店舗あります。
1店舗は宇田川町の方ですが、もう1店舗は渋谷警察署前スタジアムです。
この日は渋谷警察署前スタジアムに行ってきました。ビルの地下ですね。

味はこってり感はありますが、意外と癖はありません。
食べやすいカレーですね。
味というより、話題性が先行している感じもありますが、、、

ロースカツカレーとチキンカツカレーは食べたことがあったので、トッピングは海老フライにしました。

めっちゃ腹減っているときは、全て入っているメジャーカレーを食べてみたいかと。
110903_13200001 110903_13340001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/10

六本木・バー「360°Bar」

nosaさんのような、、、

六本木は六本木交差点から外苑東通りを少し南に、ampmを超えたビルの地下にあるバー「360°Bar」に行ってきました。

ここは店員さんもお客さんも外人ばかりですね。
外国のバーに入った感じです。
店員さんには、日本語が通じますので、ご安心を。

ホームページも英語版だけなので、外人さんをターゲットにしたお店よう。

フードメニューもありますが、フードメニューを見ると、フードメニューだけは日本です。

入ると、いつも空いているので、あまり混まないお店?

そういう意味では、ちょっと呑み足りない時に寄るにはいいお店かと。
六本木交差点に近いし。

外に出ると、でかい外人さんが「○っぱい如何ですか?」「○ーパン如何ですか?」って声掛けられて、ちょっと、あまり歩きたいと思わない通りですが。。。

雰囲気はちょっと怪しめですが、今のところ、怪しい場面には遭遇していないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/09

梅田・梅酒「梅達」

nosaさんのような、、、

梅田は茶屋町、以前紹介したスポーツバー「ESTADIO」すぐそばにある梅酒で有名な「梅達」に行ってきました。

梅達」は、「PLUM」と同じグループ、系列のようです。
店内もちょっと狭目のカップル席や、小じんまりした半個室のスペースが大半かな。

よって、男性二人同士だと、ちょっと、席に座ると、お互い接近しすぎて、、、

男性は三人以上、できたら、女性と言った方がよいかと。
系列で他にも店舗があるようですが、他も同じような感じなのだろうか。

オススメなところは、やっぱり、店名の通り、梅酒好きな方は、是非。
それ以外は、フードも食べましたが、やっぱり、梅酒好きな方向けのお店のよう。

私も知っている梅酒をいくつか頼みましたが、全てありましたね。

注意点は、席が狭目ところですが、料理を一気に頼むと、テーブルに置けなくなるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/08

六本木・バー「Bar Arannya(バー アランニャ)」

nosaさんのような、、、

六本木は六本木交差点からミッドタウンの方へ向かい2本目を右側に曲がって次の十字路にあるバー「Bar Arannya(バー アランニャ)」に行ってきました。

入口は、広い入口とちゃんと扉のある入口があります。

広い入口から入って、帰りは、扉のある出入り口から帰りました。

店内には、サメが泳いでいる水槽があり、店員さんというかバーテンダーさんが女性からかお客さんは殆ど男性客ですね。

朝方までやっているので、駅も近いし、始発までの時間つぶしのバーとしても使えますね。

フードはあったかどうか忘れましたが、基本は飲むだけのお店と考えておいた方がよいかもです。

ちなみに、Arannya(アランニャ)は漢字にすると、「阿蘭若」らしいです。

110909_21270001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/07

山形・半熟カステラ「La saveur riche BON GATEAU」

nosaさんのような、、、

山形から送られてきた半熟カステラ「La saveur riche BON GATEAU」を食べました。

半熟カステラは数年前から流行っていて、今ではエキナカのお店でもお土産の定番になっていますが、今回は山形から送られてきた半熟カステラを食べてみました。

冷凍保存をしていれば、結構、長持ちできるそうで、届いてから2日は冷凍保存して食べました。
解凍後、3日以内が賞味期限らしく、意外とこれも長持ちするので、3日に分けて3分の1ずつ食べました。

色は、黄身を意識した黄色というよりはカステラの濃い色の部分を意識したどちらかというと焦げ目というか焼き目を意識した表面の色です。
しかし、ホークできって見ると、濃い黄色の中身が見えて、「食べたいっ。」ってモチベーションが上がってきます。

半熟カステラという通り、トロリした部分もあり、しつこくもなく、ほどよい、卵の黄身と甘さが絡みあった味ですね。
111104_12160001 111104_12170001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/04

Jリーグ観戦第31節11月03日「ガンバ大阪vs鹿島アントラーズ戦」万博競技場

nosaさんのような、、、

Jリーグ観戦第31節を11月03日に「ガンバ大阪vs鹿島アントラーズ戦」万博競技場での試合をスポーツバーで観戦しました。

先週、ナビスコカップ優勝した鹿島アントラーズとの試合、チーム的な雰囲気は鹿島の方が上かもしれませんが、ガンバ大阪も残りの試合全て負けられないというより、勝たないと優勝は見えてこないので、我慢の試合、少ないチャンスをものにした方が勝つような試合を予想。

怪我上がりで、万全でない加地、怪我で出場できない高木に代わって武井。
病み上がりで万全かどうか気になる遠藤が出場。
武井がSBで、二川が累積で出場停止の中、2列目は佐々木とキム・スンヨン。

鹿島アントラーズは、新井場がCB、小笠原が先発しない状況で試合開始。

前半は、ガンバ大阪は、パス回しや、サイド攻撃、縦へのスピードある攻撃など、ショートカウンターではなく、ロングパスでパスが繋がらないなど、自分たちのゲームができない状況が続く。
鹿島アントラーズは、ガンバ大阪の攻撃を守りを固めながら、カウンターという分かりやすく、安全なスタイルで、ガンバ大阪のゴール前でチャンスを作り、決定機まで持って行く。
しかし、藤ヶ谷のナイスセーブなどでなんとか凌ぎ切り、野沢のFKなどのチャンスをものにできず、0vs0で折り返すことに。

鹿島アントラーズは、この状態を打開するには、選手交代するのか。現状の選手がラストを決めるのを信じるか。
ガンバ大阪は、攻守のバランスが悪いのを懸念した西野監督は、SBに加地、武井を2列目にしてキム・スンヨンを下げる。
これが功を奏し、ガンバは後半開始から、徐々に、攻守のバランスが良くなっていき、特に武井が攻守に活躍。
その武井からのパスから藤春がサイドからクロスを、そのクロスにラフィーニャが頭で合わせて先制。

その後、両者選手交代をするも、ガンバ大阪が逃げ切り、ガンバ大阪の勝利。
次節は二川が復帰し、アルビレックス新潟戦。
111103_14000001 111103_15590001 111103_15590002 111103_15590003

サッカー・フットサルおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/01

J2リーグ観戦第33節10月30日「横浜FCvsファジアーノ岡山戦」ニッパツ三ツ沢球技場

nosaさんのような、、、

J2リーグ第33節を10月30日に「横浜FCvsファジアーノ岡山戦」ニッパツ三ツ沢球技場へ観戦してきました。

なんとこの試合、ギネス記録が誕生したのかもしれない試合になりました。
元ガンバ大阪の植田龍仁朗ギネス記録となるかもしれない58mのヘディングシュートを決めました
目の前でしかも生でギネス記録が誕生かも。
今年、ノルウェー1部リーグで、57mもの距離のヘディングシュートをギネス登録しようとしているらしいので、それを上回ると、ギネス記録ですね。

雨が降ったりやんだりで、少し寒い観戦でしたが、本厚木のしろもつ、岡山のひるぜん焼きそばのB級グルメを食べながら、ビール飲みながら、楽しいJ2観戦でした。

ニッパツ三ツ沢球技場も初めての観戦で、
ファジアーノ岡山戦を観る者初めて、
ギネス記録になったら、ギネス記録を生で見たのも初めての初めてずくしでした。

ちなみに、岡山のひるぜん焼きそば美味しかったです。
これは、作り方を調べて、作ってみたいですね。

後、手作りで持って来て貰ったサンマの蒲焼も覚めても美味しかったです。

観戦内容は、前半横浜FCが押し気味の試合、横浜FCの攻めは殆どサイドからの攻撃、3点はカイオを中心に決定機がありながらも、これをなんとかファジアーノ岡山は凌ぎきって、0vs0のまま、後半へ。

後半は、サイド攻撃中心の横浜FCの攻撃を読んでか、慣れてきたのか、前半ほど、横浜FCのサイド攻撃はうまく行かず、逆にストヤノフや中盤、最後列あたりからファジアーノ岡山の攻撃が増えてきて、前述の植田龍仁朗のシュートでファジアーノ岡山先制。

その後も、両者ゆずらずの攻防があるが、前半の決定機を外した横浜FCがその後も1点も取れず、ファジアーノ岡山の勝利。
111030_15420001 111030_15400001_2
111030_15510001

サッカー・フットサルおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »