« 国際フィッシングショー2012 Japan Fishing Festival | トップページ | 第六十九回技術者交流会(D-Alley)は明日! »

2012/03/28

燻製について

nosaさんのような、、、

管理釣り場に行った時、一緒に釣りをしている常連さんから鱒の燻製をおすそ分けしてもらいました。
以前、釣り仲間にも燻製にはまっているという人もおり、たくさん釣れた時の保存食やお酒を飲むときにあての足しになるかなと思って、調べてみました。

鬼怒川フィッシングエリアで頂いた燻製は脂が乗っていたのですが、全然しつこくなく、少し塩分が足りなかったですけど、私的にはお酒が欲しくなるほど美味しかったです。

wikipediaの燻製も見てました。
やはり、保存食というのは正しいようですね。
燻煙によっては殺菌処理をして、長期保存が効くようにするんですね。

調理方法の基準は、
1.塩漬けなどの液体に漬ける。
2.液体に漬けたのを乾燥させる。
3.燻す。

要は、1で主に味付けをして3で風味付けって感じか。

調理器具としては、
1.燻製窯(スモーカー)
2.燻煙材

要は、1が道具で2が材料って感じか。
1は他でも代用が効きそうですが、2で風味や味が変わってくるので、いろいろ試してみたらいいのか。

画像は、鬼怒川フィッシングエリアでおすそ分けしてもらった鱒の燻製。
動画は、YouTubeで見つけた燻製の作り方動画。

120225_09470001

|

« 国際フィッシングショー2012 Japan Fishing Festival | トップページ | 第六十九回技術者交流会(D-Alley)は明日! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53739/54090806

この記事へのトラックバック一覧です: 燻製について:

« 国際フィッシングショー2012 Japan Fishing Festival | トップページ | 第六十九回技術者交流会(D-Alley)は明日! »