« Jリーグ第19節7月28日「ガンバ大阪vsヴィッセル神戸戦」動画 | トップページ | 渋谷・ラウンジ「UNDER DEER」 »

2012/07/30

Jリーグ観戦「ガンバ大阪vsヴィッセル神戸戦」阪神ダービー

nosaさんのような、、、

Jリーグ19節「ガンバ大阪vsヴィッセル神戸戦」阪神ダービーを観戦にホームズスタジアムに行ってきました。
何年ぶりかのホームズスタジアムですが、メインスタンドのビジター席で観戦しました。

西野監督がヴィッセル神戸の監督になって初めてのガンバ大阪戦。
また、レアンドロももとはヴィッセル神戸で、お互い懐かしい雰囲気もある。
開幕戦の阪神ダービー依頼の対決。

両チームともに4-4-2のシステム。

ヴィッセル神戸は若きストライカー小川が勢いで点を取れるか、レアンドロが調子をどこまで戻せているか。

両者チャンスは作るもゴールを割れず、ヴィッセル神戸は前線からのプレスでガンバ大阪も自陣では無理せずにシンプルにボールを返す展開。
一進一退のまま、前半は終了。

後半はヴィッセルの運動量は続くのか、交代要員でうまく、攻撃を続けることができるのか。
ガンバ大阪はレアンドロ、佐藤がどのような動きができるのか。
ガンバ大阪はサイドからの攻撃に迫力がなく、2列目からの攻撃とレアンドロの個人技でチャンスを作れるか。

後半は攻守に二川が目立った動き。
気持ちを前面出すプレーが続いている中、二川のゴールでガンバ大阪先制。

その後、ガンバ大阪は藤春、倉田あたりに少し緩慢なプレーが気になっていたら、藤春が自陣でファールをアピールしている間に、サイドからクロスを上げられ、替わった大久保が同点ゴール。

その後、運動量の落ちてきている佐藤をどうするか。
二川を最後まで頑張らせるか。
プレーにムラのある倉田を替えるか。

後半の交代は運動量の落ちてきた二川から横谷。
プレーにムラのある倉田から金。金はボランチに入って、遠藤を1列あげる。
佐藤からパウリーニョ。

足の止まったヴィッセル神戸に対して攻め続けるもゴールを割ることができず。ドローに。

レアンドロは効率的な守備と攻撃にアクセントをつけて、調子は上り調子の模様。
特に後半は足の止まった佐藤に代わって、少し下がったところから、守備も積極的に。

ガンバ大阪からすると、先に動いたヴィッセル神戸に対して後で後で、勝てる試合をドローにしてしまった感じ。
佐藤の交代はあまりにも遅すぎた感が。

後、倉田、藤春に関しては、もっと集中して、周りを見たプレーを心掛けてほしい。
藤春の自陣でのファールアピールは、必ず、笛が鳴ってからすること。
個人的にはユースの内田裕斗の方がよっぽど気持ちいいプレーをしそうな感じ。

後、GK藤ヶ谷、自分への正面のボール以外の処理が不安すぎる。
現在、試合に出れるような精神状態なのだろうか。
相変わらず、プレーの範囲は狭く、丹羽にボールを取りに来るように指示されたときはショックだった。

レアンドロがうまく機能しだしそうなのに、消極的なプレーは避けてほしい。
120728_18510001

|

« Jリーグ第19節7月28日「ガンバ大阪vsヴィッセル神戸戦」動画 | トップページ | 渋谷・ラウンジ「UNDER DEER」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53739/55314561

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ観戦「ガンバ大阪vsヴィッセル神戸戦」阪神ダービー:

« Jリーグ第19節7月28日「ガンバ大阪vsヴィッセル神戸戦」動画 | トップページ | 渋谷・ラウンジ「UNDER DEER」 »