« Jリーグ第20節8月4日「ガンバ大阪vs大宮アルティージャ戦」動画 | トップページ | 恵比寿・居酒屋「右近」 »

2012/08/06

Jリーグ観戦「ガンバ大阪vs大宮アルティージャ戦」スポーツバー観戦

nosaさんのような、、、

Jリーグ観戦に8月4日第20節「ガンバ大阪vs大宮アルティージャ戦」に行ってきました。
残留争いとなった両者の戦い、レアンドロが出場し始め、家長もベンチ入りして、加治が怪我から復帰し上昇の準備を始めているガンバ大阪に、最近乗り切れない大宮、前節では大宮が少ないチャンスをものにして、勝っているだけにどのような戦いになるか。

コミュニケーションを考えての2トップはブラジル人同士のレアンドロとパウリーニョ。
菊地出場停止の大宮は、片岡、深谷のCBで。

前半は前線からの守備で大宮の攻撃を封じつつ、ボールを奪ったら、早い切替での攻撃でポゼッションはガンバ大阪。
大宮もほとんどシュートは撃てず、ガンバ大阪が徐々に決定機を作っていく。
序盤、慎重に守備から入って、失点は避けたいところだが、この日も守備の連係が序盤何度か乱れてしまう。
幸い、大宮の拙攻に助けられ、失点は免れる。
ここで大宮が1点でもとっていたら、どのような展開になっただろうと思いつつ、前半は0vs0で後半へ。

後半は大宮が修正してきて、攻撃の形ができて、更にガンバの守備が乱れ始める。
なんとか大宮の拙攻に助けられていると、とうとう長谷川に先制点を決められてしまう。

この辺の乱れは、毎試合あり、なかなか修正しきれないところですが、DFライン及び3列目の連動にプラス、最終のGKからの声の守備も入れていかないと、こういう失点は続いていくだろうと思う。

しかし、その後は、ガンバ大阪は落ち着いて、攻撃の形を作っていく、トップの選手に大宮最終ラインの裏を取るような攻撃、両サイドからのゆさぶり、中央縦への楔のパス。
落ち着いて、攻撃をしている中、先に動いたのはガンバ大阪。
2トップの一角パウリーニョに替えて、佐藤。
その佐藤が縦への攻撃でゴール前に迫ったところで、大宮は溜まらず、ファールでPK。
PKを蹴るのはヤットではなく、レアンドロ、ボールを蹴るまで、審判の手間では相当時間が掛かったが、落ち着いて、キーパーの逆を突くキックで同点。

そのすぐ後、二川のビューティフルはパスに反応したレアンドロが鮮やかにゴールネットを揺らして、とうとう、逆転。

大宮も、カルリーニョスからズラタンへ後退。
攻撃の形をなんとか作ろうとするも、積極的にゴールに向かって、個人技で相手を抜いた倉田が3点目。

その後は、3点目を取った倉田に替えて、武井。
ヤットに替えて、佐々木。

ヤットに替えて、家長でもよかったんではないかと思いつつ、最終的に勝ったし、2点目を取られなかったので良しとするか。

|

« Jリーグ第20節8月4日「ガンバ大阪vs大宮アルティージャ戦」動画 | トップページ | 恵比寿・居酒屋「右近」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ観戦「ガンバ大阪vs大宮アルティージャ戦」スポーツバー観戦:

« Jリーグ第20節8月4日「ガンバ大阪vs大宮アルティージャ戦」動画 | トップページ | 恵比寿・居酒屋「右近」 »