« 更にトラウトを調べてみました。 | トップページ | トラウトを海に下って戻るタイプ、下らないタイプで調べてみました。 »

2013/04/11

まだまだあるトラウトを調べてみました。

nosaさんのような、、、

過去2回トラウトについて書きましたが、更にまだあるトラウトについて。

・トラウトサーモン
要はレインボートラウトでした。
・パールトラウト
ヤマメとブラウントラウトを交配して作り出されたトラウトですね。
・スネークトラウト
イワナかブルックトラウトとヤマメを交配して作り出されたトラウトですね。
・ロックサーモン
イワナとレインボートラウトを交配して作り出されたトラウトですね。ロックトラウトとも呼ばれますね。
・絹姫サーモン
イワナかアマゴとホウライマスを交配して作り出されたトラウトですね。
・信州サーモン
レインボートラウトとブラウントラウトを交配して作り出されたトラウトですね。
・カットスロート
概ねロッキー山脈までの内陸部の河川上流部、ならびに湖沼に生息するトラウトですね。
・アークティックチャー
ホッキョクイワナ、アルプスイワナとも呼ばれ、日本では富士養鱒場(相模漁業生産組合)で養殖されている。
・ホウライマス
鳳来養魚場で作り出された斑点のない突然変異でできたレインボートラウトですね。
・アルビノニジマス
1956年、長野県で初めて発見された。体色が黄色近似に変化。優性遺伝の為、アルビノの親からはアルビノの子が育つらしい。
・イゾイワナ
海に下らなかったアメマスですね。
・ニッコウイワナ
海に下らないイワナは、ニッコウイワナ、ヤマトイワナ、エゾイワナ、ゴギの4型に分けられています。分布はエゾイワナは北海道から東北地方、関東地方の一部。 ニッコウイワナが山梨県から鳥取県までの本州。ヤマトイワナは中部地方、琵琶湖流入河川。ゴギは中国地方の一部といわれているそうです。
・ドリーバーデン
オショロコマが海に下って、川へ戻ってきたのですね。
・シートラウト
ブラウントラウトが海に下って、川へ戻ってきたのですね。
・ゴールデントラウト
シエラネバダ山脈(アメリカ合衆国)のカーン・リバー(Kern River)水系の最上流域のみに棲息するトラウトで、カルフォルニア・ゴールデントラウトとも呼ばれる。
カーン・リバー水系支流のリトル・カーン・リバーのみに棲息するのはリトル・カーン・ゴールデントラウトと呼ばれる。
カーン・リバー水系ノースフォーク本流の上流域、および同上流域の支流のみに棲息のはカーンリバー・レインボートラウトと呼ばれる。
・コバルトマス
脳下垂体中葉の異常により体色がコバルトブルーに変化したマスで、コバルトニジマスとも呼ばれる。
・ギンヒカリ
群馬県水産試験場により選抜され、通常2年で成熟するレインボートラウトの中から3年で成熟する系統を選抜育種・固定化した系統をいうらしい。

序でに
・ストライパー
ストライプバスと呼ばれ、名前のとおりトラウトではなく、スズキですね。
・ホシスズキ
タイリクスズキとも呼ばれ、名前のとおりトラウトではなく、スズキですね。

|

« 更にトラウトを調べてみました。 | トップページ | トラウトを海に下って戻るタイプ、下らないタイプで調べてみました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53739/56941898

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだあるトラウトを調べてみました。:

« 更にトラウトを調べてみました。 | トップページ | トラウトを海に下って戻るタイプ、下らないタイプで調べてみました。 »