« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/28

川越・中華「武者虎」

nosaさんのような、、、

川越は川越駅を西口ではなく、駅ビルの方に降りて、交差点を渡った少し先にある中華料理居酒屋「武者虎」に行ってきました。

ラーメンを食べようとラーメンを屋を探していたら、ラーメンののぼりを見つけて入ってみたら、ラーメン屋というより中華居酒屋、中華屋台のようなお店でした。

メニューを見て、食べたかったラーメンを食べようと思いましたが、ランチの時間だったということもあり、ランチメニューが気になり、ラーメンではないランチメニューを食べました。
次回は、気になったラーメンを食べたいなぁ。

夜は中華居酒屋、中華屋台って雰囲気が店構え的にも分かりますね。
夜も機会があれば、行ってみたい感じです。

食べたのは、ふわとろの卵にエビの丼もの??

ふわふわで食感も良く、美味しかったですね。

ほかにも海老料理があったので、どちらか悩みましたが、満足できました。
130419_11010001130419_11120001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/27

梅田・ラーメン「げんこつ」

nosaさんのような、、、

梅田は博多ラーメンのチェーン店、大阪新阪急ホテルからDDハウスへ向かう、梅田駅横の道沿いにある「げんこつ」に行ってきました。

博多ラーメンといってもあっさりしている方だと思います。

普通の博多ラーメン、チャーシューメンのほかに黒マー油ラーメン、味噌とんこつ、野菜味噌ラーメン、醤油とんこつ、辛みそラーメン、キムチラーメンなど、とんこつベースと味噌ベースに大きく分かれるようです。

ガッツリいきたい用にスペシャルラーメンもあります。
肉味噌が真ん中にのっているので、最初は、肉味噌を溶かさずに、食べてみて、その後、肉味噌を溶かして食べたら、2種類の味が楽しめます。

つけ麺もあり、魚介系の味が追加される感じです。

その他サイドメニューもありますが、梅田あたりで、こってりしてないとんこつを食べたい時には是非。
130427_15340001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/26

第七十七回技術者交流会(D-Alley)日時決定のお知らせ

nosaさんのような、、、

第七十七回技術者交流会日時は次の通りで決定しました。

日時:07月26日(金)※7月最終の金曜日
     20:00~

場所:S社様(九段下 or 飯田橋)
窓口:S社様 M様
   20:30以降、ビルの正面玄関が閉まってしまいますので、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

いつもですと、希望日を募っての日時決定ですが、S社担当者様、会議室の都合で今回は前述の通りでしたいと思います。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/25

J2第20節 ガンバ大阪vsファジアーノ岡山戦

nosaさんのような、、、

J2第20節 ガンバ大阪vsファジアーノ岡山戦を万博競技場に観戦に行ってきました。

ここまで6連勝で、岩下敬輔が怪我で欠場中の中、遠藤保仁、今野泰幸が代表で離脱後、完封し続けているガンバ大阪。
レアンドロと家長昭博が6月一杯で契約満了による退団の発表があった中、レアンドロと家長昭博に感謝と伝えたく集まったファンが万博競技場へ駆けつけた試合。
元ガンバ大阪で守備の要の植田 龍仁朗を中心に堅守で、上位争いに食いついているファジアーノ岡山。
シーズン序盤、ガンバ大阪と同じく、勝つこともなく、負けることもない、引き分け続きの状況からここ5試合は1勝2敗2分。ガンバ大阪に勝って、上位チームに土を付けて自信を付けたいところ。

ここ数試合の序盤は、最終ライン付近でボールを持ったときは、パス回しに終始せず、シンプルに蹴り返すことで、序盤の失点を防いでいたガンバ大阪、それによって、先制を挙げ、その後の試合を優位に進めていたが、この日のガンバ大阪は相手へのプレスも軽く、最終ライン付近で、不用意にボール回しをし、その結果、開始早々にクロスから頭で合わせられ、先制点を許す。

その後、徐々にガンバ大阪がポゼッションしながら、相手ゴールに迫り始める。
実質5バックのファジアーノ岡山、最終ラインを上げることにより、ガンバ大阪のパスコースを消し、ガンバ大阪がボールを持ったら、素早いプレスでミスを誘うファジアーノ岡山のディフェンスに対して、ガンバ大阪はミスを繰り返しながら、チャレンジすることによって、ファジアーノ岡山の最終ラインの裏へのボールを入れるなどして、最終ラインの揺さぶり、パスのスペースをつくろうとする。

その中、ガンバ大阪が決定を迎えるも、最後を決めきれず、ゴールと思いきや、ファールでとなかなか得点に結びつけることができない中、40分過ぎ、パウリーニョ⇒レアンドロ⇒倉田で同点ゴール。

後半、レアンドロと交代で入った家長昭博が
イエローカードを貰って、最終戦を待たずして、今節で最終戦になってしまうことが決定。
どちらかというと、ガンバ大阪がポゼッションし、攻めるも相手陣に入ったところから、攻撃のバリエーションが増えず、時間がどんどん過ぎてゆく。
倉田やレアンドロなど、裏へ抜けるプレーを繰り返すも、今日のガンバ大阪の最終ライン、ボランチは彼らを活かせることができず。

攻守に渡って、課題の残るドローに。
レアンドロの足が止まっても、平井将生に替えなかったのは、今節で最終戦になる配慮かと思うが、安定してきた内田達也のプレーに積極性がなかったのが気になるところ。
遠藤保仁、今野泰幸がいない中、レギュラーを取った感じで、気が抜けたのか、色気が出てきたのか。
今日のようなプレーをしていたら、岡崎建哉と常に争わせて、危機感を持たせるなどの対策が必要な気が。

次はJ2折り返しになる前半戦の最終戦、長谷川健太監督の勝ち点のノルマ90を達成するには、次節は勝ち点3を獲得するしかない状況、今日の攻守に渡る修正及び、レアンドロ、家長昭博に代わる選手の奮起に期待したい。

130622_17230001 130622_17410001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/24

三崎・割烹「宗喜」

nosaさんのような、、、

三崎は三崎港手前の道を入ったところにある割烹「宗喜」に行ってきました。

三崎インターから三崎港へ出る道を三崎手前で三崎城山郵便局よりも手前の「宗喜」の看板の筋を入ったところにあるお店です。

まぐろラーメンが食べたくて入りました。
割烹というだけあって、店構えといい、一通りの料理が出るお店です。
三崎港付近の三崎港料金の料理を考えた場合、クオリティ、ボリュームといい、リーズナブルに感じました。
コースメニュー、酒類もありましたが、昼間ということもあり、マグロラーメンか丼か悩みました。

ラーメンと丼という選択肢もありましたが、みうら大根カツと三崎マグロラーメンにしました。
マグロアイスもあったので、次のマグロアイスをたのもうと思います。

げそ天丼はげそ天が4段ぐらいの載っていて、かなりボリュームありました。
あとは、マグロラーメンとは違うもうひとつのラーメンはご飯も付いていて、ラーメンを食べたあと、ラーメンに乗っているわさびと混ぜて、お茶漬けにして食べれます。これもまた、次に行った時には頼みたくなるメニューでした。

みうら大根カツは、大根があまく、違和感なく美味しく食べれました。
三崎まぐろラーメンもあっさりしていて、おいしく食べました。
130525_14520001 130525_15170001_2 130525_15300001 130525_15320001 130525_15340001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/21

渋谷・居酒屋、大分「日出市場」

nosaさんのような、、、

渋谷は以前ラーメン屋だったあとにできた居酒屋、大分は別府湾の海の幸を中心に振舞ってくれるお店「日出市場」に行ってきました。

大分料理がリーズナブルに楽しめるお店なので、大分料理が好きな方、興味のある方は、是非、一度は行かれてみてはと思います。
元がラーメン屋だったからか、ほとんどがカウンターだけのお店ですが、観光地にある大分のお店よりも料金的に安いのではと思います。

焼酎やお酒もやはり、ほとんど、大分でしか飲めないようなお酒が置いているので、大分に行ったことがあり、いい思い出のある私としては、ウキウキして料理、お酒と楽しませてもらいました。
店員さんの対応も気持ちよく、また、行きたいと思いました。

ふぐ(河豚)もいろんな料理で楽しめますので、オススメです。

大分は別府湾の海の幸も刺身、焼き、揚げてといろんな形で食べれます。

とり天はもちろんですが、アツアツを是非、からし醤油で食べてください。
また、ここのお店で初めて知ったのですが、しいたけとねりもので揚げた大分揚げというのがありました。

あとは、かぼすが無料で付いてきます。
料理にかけたり、お酒に入れたりして自由に使ってみてください。

渋谷は渋谷警察署や並木橋方面へ行った折には、是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/20

大阪、箕面・カフェレストラン「neu.cafe(ノイカフェ)」

nosaさんのような、、、

大阪は船場、箕面にあるカフェレストラン「neu.cafe(ノイカフェ)」に行ってきました。

雰囲気が女性的に可愛いところもあり、女性客が多いですね。
店員さんもいい感じです。
お客さんが一杯になっても、店員教育がよくされているというか気持ちよく過ごせるお店です。

大阪、北大阪方面へ行った折には、是非、立ち寄ってください。
ランチもお茶もし易く、夜もメニューはオススメばかりです。

ヘルシーなメニューが多いのか、やさいものばかり食べてしまいました。

ちょっと電車では距離があり、タクシー利用になりがちですが、ゆっくり、お話しながら、美味しいものを食べたい時にはぴったりです。

デートに女子会に特にぴったりなのかな。

130210_19170001_2130210_20400001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/19

恵比寿・カフェ&バー「kingyo(キンギョ)」

nosaさんのような、、、

恵比寿は東口から作業道路沿いの地下にあるカフェ&バー「kingyo(キンギョ)」に行ってきました。

ここは前からは前の道は何度も歩いていて、入ろうと思っていたお店です。
大きな看板もなく、地下に降りる階段は外から見えますが、その下にお店があるかどうかは黒板のような看板ありますので、見逃さないように。

そんなに大きなお店ではないですが、一人でこられているお客さんも多く、常連さんが多いイメージがありました。

昼はカフェとして、お茶したり、お腹が空いていたら、フードもありますので、ご安心を。

夜はバーになって、お酒のアテもあるようで、よくあるカフェ&バーになります。

カウンターとソファがあり、ソファには4~女性だと6名いけるかどうかの大きさなので、2次会で人数が少ない時は、少し飲んでから帰ろうという使い方もできますね。

恵比寿東口方面で、新規開拓としたい時などに如何でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/18

大阪、江坂・ダイニングバー「ANIMO(アニモ)」

nosaさんのような、、、

大阪は江坂の南側の交差点にあるダイニングバー「ANIMO(アニモ)」に行ってきました。
ここは元麻布カレーがあったあとにできたお店ですね。その前はゲームセンターだったような。。。

日中はカフェ的に、夜はバー的に伝えるお店です。
場所は駅前なのに、さすが大阪ですが、安いです。
店員さんの感じも良く、ひとりできているお客さんも結構いる感じですね。

男性が多いようにも思えますが、女性もちらほら。
男性ひとり、女性ひとりでも大丈夫です。

おすすめは、ホタルイカのオリーブオイルでアヒージョ風なの。
これは、バケットを何度もおかわりして、食べたくなるほど、ワインやお酒のアテにもいいです。

イタリアンオムレツも食べましたが、思ったより大きく、トマトソースがたっぷりのっていて美味しかったです。

江坂あたりで、カフェ、バーを探している場合は、駅すぐそばなので、是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/17

J2第19節 ガンバ大阪vs水戸ホーリーホック戦

nosaさんのような、、、

J2第19節 ガンバ大阪vs水戸ホーリーホック戦を初の水戸はケーズスタジアムに観戦に行ってきました。

遠藤保仁、今野泰幸、岩下敬輔不在の中、2連勝、2試合連続完封中、遠藤保仁、今野泰幸離脱前からだと5連勝中のガンバ大阪。
ここ2試合強豪チームヴィッセル神戸、東京ヴェルディと戦って、勝ち星はあげれていないものの、その前は2連勝し、ヴィッセル神戸、東京ヴェルディといい戦いをして、戦いの形に自信も持ちつつある水戸ホーリーホック。

首位に立った勝ち点でも首位に立ったガンバ大阪ですが、今節の結果によっては再び首位を明け渡すことになり、ヴィッセル神戸の勝ち負けになく、勝ち続けないと首位を守れない状況で、調子が上がり、自信を持ちつつある水戸ホーリーホックとどのような戦いになるか。
過去1勝1敗で、2試合ともどっちが勝ってもおかしくない試合をしているだけに、クロスゲームになることが予想される試合。

試合開始後、ガンバ大阪がポゼッションをしながら、先制点を伺っている中、加地亮からのクロスにファーサイドでフリーになったレアンドロがヘッドで先制。
早い時間での先生はガンバ大阪にとって、いい流れに。
その後もガンバ大阪のポゼッションで追加点を狙うも、水戸ホーリーホックも徐々にガンバ大阪の動きを読みながら、パスカット、ボールキープ選手からのボール奪取と、ガンバ大阪のボールを奪い、攻撃をする時間が増えていく。

前半30分頃、接触プレーから額からの出血で早々に家長昭博⇒パウリーニョに選手交代。
水戸ホーリーホックのキーマン鈴木隆行とガンバ大阪の若きCB西野貴治はペナルティエリア近辺で激しい1対1は見どころがありました。

両者、激しいボールの奪い合いから、シュートを打つも、その後はゴールを割ることなく、前半終了。

後半、早い段階で、追加点を奪いたいガンバ大阪と1点を取って追いつきたい水戸ホーリーホック。
前半よりも攻撃がスムーズになった水戸ホーリーホック。コーナーキックなどで何度もチャンスをつくるもガンバ大阪のクリアが続き、なかなか追いつけない状況が続く。

後半両チーム動き始めたところから試合は動き始める。
まずは、ガンバ大阪は足つったレアンドロ⇒岡崎建哉。
水戸ホーリーホックは島田祐輝⇒山村佑樹、近藤岳登⇒三島康平。
その交代で入った岡崎建哉がペナルティエリア近くでボールも受けて、ループシュートがJリーグ初ゴール。
とうとう、ガンバ大阪が追加点を挙げることに。
その後、水戸ホーリーホックの攻撃を絶やすための交代かガンバ大阪は二川孝広⇒オ・ジェソク。恐らく、本職のSB、CBではなく、SHのポジションのよう。
水戸ホーリーホックは最後のカードを西岡謙太⇒難波宏明。
ロスタイムに入って、試合開始から西野貴治との競り合いが効いてきたのか、今節2枚目のカードでレッドになり鈴木隆行が退場し1人少なくなった水戸ホーリーホックは、時間を潰して終了を目指すガンバ大阪にとってはラッキーな展開になり、試合終了。
130615_16260001130615_17010001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/14

カツとフライの違い

nosaさんのような、、、

カツとフライの違いをずっと以前から悩んでいてい、調べてみました。
語源由来辞典によると、
カツは、「牛・豚・鶏肉などの切り身に、小麦粉・とき卵・パン粉をつけて油で揚げた料理。
英語の「cutlet(カツレツ)」が略されたものである。」とあります。
更に、「cutlet」は肉の切り身そのものを意味し、語源は骨付き背肉を意するフランス語「cotelette(コートレット)」であるとあります。
要は、骨付き背肉を意するフランス語「cotelette(コートレット)」を語源とする英語「cutlet(カツレツ)」が略されたもの。
牛・豚・鶏肉などの切り身にというところから、主に牛肉、豚肉、鶏肉を小麦粉・とき卵・パン粉をつけて油で揚げた料理のよう。

goo辞書によると、
フライは、「肉・魚などの材料に小麦粉・とき卵・パン粉の順につけて衣とし、油で揚げた料理。洋風の揚げ物。」とあります。
前述カツとの違いは、魚などと明記してありますね。
カツは、「豚肉・牛肉・鶏肉などに小麦粉・溶き卵・パン粉をまぶして油で揚げた料理。」とあります。
カキフライ、エビフライ、アジフライなどどうも魚介類を小麦粉・とき卵・パン粉をつけて揚げた場合がフライのようです。

最後にフライを付けると前述の説明であっているようにも思えますが、前にフライではなくフライドとすると、フライドチキンやフライドポテトなど魚介類以外も使えるみたいです。

なので、敢えて、最後にカツかフライで違いを考えた場合、魚介類以外特に牛肉、豚肉、鶏肉を小麦粉・とき卵・パン粉を付けて揚げた料理がカツで、魚介類を小麦粉・とき卵・パン粉を付けて揚げた料理がフライかなと落ち着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/13

稲荷町、上野、入谷・ラーメン「麺徳」

nosaさんのような、、、

稲荷町からも上野からも入谷からも近いラーメン「麺徳」に行ってきました。
東上野店というだけあって、他にもあるチェーン店のよう。

ラーメンとつけ麺に分かれて、
それぞれ普通、味噌入り、豚入り、豚入り味噌と味、具の種類があります。
トッピングは、味玉、コーン、バター、豚、キムチ、のり、メンマそして、ライスがあります。
サイズとして、大、普通、ハーフがありますが、個人的には、ハーフが普通な感じです。

ハーフがあるとは知らずに、豚入り味噌ラーメン味玉入りを頼みました。
そして出てきたのは、大きい器に(大はもっと大きかったです。)キャベツともやしの野菜が山盛り、その山にもたれ掛かるように豚が。
更にその上から、恐らく、玉ねぎのみじん切りが。

出てきてびっくりしましたが、なんとか食べようとチャレンジするも、全て食べきれず、、、
チャーシューというか豚も柔らかく、美味しく、麺は太麺でしたが、スープも最初は味噌の味がせず、下に溜まっている味噌を混ぜると味噌味になり、まぁまぁ、美味しかったのですが、流石に量がすごすぎました。
通常は、ハーフでトッピングをした方がよかったかも。
ちなみに、同じ料金で、野菜大盛りができるそうです。
それにしても、ボリューミーはお店です。
130511_14170001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/12

渋谷・ラーメン「博多天神」

nosaさんのような、、、

渋谷は南口方面、マークシティから246へ向かう途中にあるラーメン屋「博多天神」に行ってきました。

ここは、深夜まで渋谷でお酒を飲んだことがある人でしたら、まずは、知っているラーメン屋ですね。
私も東京へ来た当初は、毎週のようにお酒を飲んだあと、食べて帰ったものです。
数年ぶり、久しぶりに3次会のあとに行きました。

深夜までやっているので、渋谷でよく飲む人、始発まで時間潰しをする可能性のあるとは、知っておいたほうがいいですね。

博多天神というだけあって、とんこつラーメンだと思います。
只、普通のとんこつラーメンと同じく、スープは白いのですが、味は非常にあっさりしています。
とんこつというよりは、牛乳か豆乳ではないかと思うほど、こってりしていないスープは、麺を食べたあと、最後まで飲み干してしまうでしょう。

ラーメン500円からとリーズナブルな料金も魅力的です。
他には、きくらげ、もり、もやし、キムチ、ねぎ、チャーシュー麺とねぎのりチャーシューがあります。
もちろん、ねぎのりチャーシューを食べました。
替え玉もおすすめです。

細麺なので、夜あまり食べなかった人は、是非、替え玉でお腹を満たしてください。
130330_03250001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/11

釣り「静浦」アジ

nosaさんのような、、、

先週金曜日の深夜より静浦に釣りに行ってきました。
もしかしたら、今年初の静浦かなぁ。

2時ころには静浦に着きましたが、予定通りでなかったのが、静浦港近くにある釣具屋さん「マイムス」が閉まっていました。

堤防の右手側に場所をとり、朝マズメまでまずは酒盛りです。

空が白んできたところで、遠投カゴの準備を投入。
浮き下は15mから。
15号のオモリに動きはあるものの、餌取りかなと思って、上げてみると、餌がかじられている様子。
更に深くしたほうがよいと思い、20mに。それでも上がってくるのは、ネンブツダイ。

その後、豆アジがあがり、鯖が回ってくるまでに豆アジを釣りたいと、25m、10mも探ってみるも、上がってくるのはネンブツダイ。

周りでは、たまにソウダガツオが上がるものの、ソウダガツオではモチベーションが上がらず、鯖が回ってくるのを願いつつも、夕方のガンバ大阪戦観戦の時間が迫ってくるので、9時過ぎに千本浜に移動。

千本浜に既には先客はいるものの、釣り場所は広いからか、余裕で場所は取れ、投入。
しだいに向かい風になり、釣り難くはなるものの、目の前に釣り船が寄って来て、もしかして、ポイントの近くとモチベーションが上がる。
そうしていたら、浮きがスーッ沈み、上げてみるとボラ。

当日は、夕方のガンバ大阪戦に間に合わせるために、納竿。

130608_09470001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/10

J2第18節 ガンバ大阪vsギラヴァンツ北九州戦

nosaさんのような、、、

J2第18節 ガンバ大阪vsギラヴァンツ北九州戦をスポーツバーに観戦に行ってきました。
ギラヴァンツ北九州はここ4戦は負けなし、前節では優勝候補の京都サンガFCに勝って、今節ガンバ大阪に勝つことによって、更に勢いをつけたいところ。
ガンバ大阪はは遠藤保仁、今野泰幸が代表戦で抜けての2戦目、代役岡崎建哉、丹羽大輝が今のところ、及第点の活躍。今節でも安定したパフォーマンスで遠藤保仁、今野泰幸が代表戦で抜けた試合で2連勝なるか。

キックオフの後、5分に動きがある。
ペナルティエリア近くでこぼれ球と拾った倉田秋。近くにいた相手DFをフェイントでかわし、左足で相手ゴール左端にシュート。きれいなファーストシュートはガンバ大阪に先制点をもたらす。
先制し幸先良いスタートを切ったガンバ大阪。
前半はなんとか相手を0点に押さえて、後半、内藤洋平、柿本健太、キムドンフィをタイミングよく投入することによって、得点することによって勝利したいプログラムが早々に崩れてしまったギラヴァンツ北九州。

追加点を取って、優位に試合を進めたいガンバ大阪、早々に同点にして当初のプログラムを修正したいギラヴァンツ北九州のお互いの思惑が錯綜する展開に。

ガンバ大阪は、レアンドロ、家長昭博と決定機を外し、二川孝広、内田達也、倉田秋の積極的なシュートもゴールをわることができない。
後半からボールを保持する時間が増え、積極的にゴールに迫り、シュートを放つも、バーに嫌われたり、ゴールキーパー正面に飛んだりと、運が味方しくれない。
それでも、予定通りの選手交代を内藤洋平、柿本健太、キムドンフィの順に投入し、まずは同点を目指すも、最後は、ガンバ大阪のボールキープで試合終了。

ガンバ大阪もレアンドロに替えた川西翔太が前回出場同様、ポジショニング、プレーの1歩目及び、プレーの最後のしつこさが足りず、ガンバ大阪の最前線でのプレーでギラヴァンツ北九州が最終ラインからその前列のプレーに自由度を与えてしまうことに。

岡崎建哉⇒明神智和、二川孝広⇒阿部浩之の選手交代も追加点を奪うどころかなんとかギラヴァンツ北九州の攻撃を凌ぐのがやっと。
終了時間が1、2分のところで家長昭博がボールキープでガンバ大阪の試合巧者ぶりで勝利。

次節はホーリーホック水戸戦。
遠藤保仁、今野泰幸がいないガンバ大阪で3連勝ができるか楽しみな試合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/07

大阪、江坂・居酒屋「鷄豚きっちん」

nosaさんのような、、、

大阪は江坂の駅に繋がっているビル、日本工業ビルの3階にある居酒屋「鷄豚きっちん」に行ってきました。

江坂の他にも大阪では、曽根崎、お初天神通り、堂山、茶屋町、阿倍野、梅田、天満橋にもあるチェーン店のようです。

店員さんはきさくでいい感じのお店です。

「鷄豚きっちん」というだけあって、鷄豚料理がメインと思いきや、お店に入ったところにあるオブジェ?には、鷄と豚のオブジェと魚のオブジェもありました。

値段はリーズナブルかと思います。

オススメはレバテキかな。
臭みもなく、食べやすく美味しかったです。

器が面白かったり、楽しめるかもしれません。
詳細は、お店に行ったときの楽しみに。

つくねも美味しかったです。
柔らかいつくねで卵の黄身を付けて食べます。

鶏ガラスープだし巻きも大きなだし巻きが鶏ガラスープに浸かって出てきます。
これも美味しかったですね。

その他、いくつか食べましたが、料理は美味しいのでいつもの居酒屋に飽きた時は、1つ居酒屋行き先開拓として、是非、行ってみてください。
130428_18550001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/06

渋谷・長崎クエ鍋、長崎くじらしゃぶしゃぶ「うま魚 米家」

nosaさんのような、、、

渋谷は渋谷駅新南口に近く、明治通りへ向かい、明治通り手前のビルの地下にある長崎クエ鍋、長崎鯨しゃぶしゃぶ「うま魚 米家」に行ってきました。

クエ鍋、鯨しゃぶしゃぶは食べませんでしたが、鯨のカツは食べました。
美味しかったですね。

今度は、クエ鍋か鯨しゃぶしゃぶも食べてみたいですね。

店員さんの感じも良く、深夜遅くまでやっているので、夜遅くからご飯込で飲みたい時にはいいですね。
席などいろいろ気を使ってくれる、気持ちのいいお店です。

海の幸から肉類の料理もありますので、美味しい料理を楽しめます。
だし巻きたまごもボリュームがあり、お腹は満たしやすいお店ですね。

刺身も食べごたえありました。
料理が変に上品じゃないのが、食べる気が出てきます。

アボガドのサラダもボリューミーで嬉しかった。
タンも食べましたが、柔らかく、食べやすかったです。

海の幸を中心に、野菜もの、肉ものと楽しめますので、渋谷新南口あたりでどこいくか悩んだときは、是非、一度、立ち寄ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/05

栃木、岡本・ラーメン「登竜」

nosaさんのような、、、

鬼怒川フィッシングエリアに行った折に、帰りにラーメンを食べたいということで、帰りに道の陸羽街道沿いにあるラーメン屋「登竜」岡本店に行きました。

登竜」は栃木県を中心に3店舗あるチェーンのラーメン屋です。
今回寄った岡本店以外には、本店は氏家に、後は、矢板にもあります。
本店の氏家近くには、キムチ・餃子直売店、ワンコインメニューがあるキッチン咲来楽もあります。

ラーメンは醤油、みそ、塩ラーメンを始め、白湯など、たくさんの種類のラーメンがあります。
ここのラーメンは鍋に入ってきて、太麺が多いような。

定食もラーメン屋とは思えない種類があります。

もちろん、ラーメンと定食のセットもあり、半チャーハン、半ラーメンもあり、メニューを見ると何を食べるか悩みますね。

この日はラーメン定食にしましたが、味の方は、こんな感じなのかなぁって感じでした。
ちなみにお誕生日やパーティ用にハンバーグが販売されているみたいです。
130216_13590001 130216_14270001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/04

釣り「小菅」手長エビ

nosaさんのような、、、

今年2回目の手長エビ釣りに先週末、いつもの小菅に行ってきました。

朝の出発が遅れて10時ころからの釣行になりました。
既に、橋桁の下、その右横側には合わせて5名を超える先陣が。

改装中で買い物ができないスーパーのため、東京拘置所近くまで歩いて買いに行ったセブンイレブンで調達した朝ごはんを食べて、竿を出してみる。
餌はいつも通り、赤虫。

ほどなくして、一緒に聴講しているKさんが1匹目。
しばらく、様子を見てみるも周りは活性はよくないみたい。

しかし、定期的というか、Kさんと交互って感じか、昼過ぎころまで順調に釣果が上がり、両方共10匹は超える釣果に。

爆釣といった感じではないですが、ビッグアームも3、4匹混じりながら、中には3、4匹シラサエビのような小さいのもありますが、飽きずに楽しめました。

午後のガンバ大阪戦を考えると、2時過ぎには釣りを終えたいと思って、最後に探りたいところを攻めていると、これが大成功、投入すれば、釣れるちょっとした爆釣モードに。
1時間ほどで10匹行きそうな状況で、納竿。

最後に今日、最大のビッグアームが上がり、まぁまぁの手長エビ釣行になりました。
あとは、7月にもう1回来てみようかなと思いつつ、Kさんと手長エビを分けて、帰路に。
130601_13580001 130601_14290001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/03

J2第17節 ガンバ大阪vs栃木SC戦

nosaさんのような、、、

J2第17節 ガンバ大阪vs栃木SC戦を観ました。
前節ガンバ大阪が勝利した愛媛FCに負けて依頼3戦負け無しの栃木SC。
しかし、攻守の要、栃木SCのパウリーニョ、長期離脱の可能性があるだけに、今後の戦いを占うガンバ大阪戦。
今節から代表戦で4~6試合離脱する遠藤保仁、今野泰幸に加えて、今や守備の要の岩下敬輔も怪我で離脱中だが、宇佐美貴史が7月からの復帰が決まったガンバ大阪。
遠藤保仁、今野泰幸に替わって出場する初先発の岡崎建哉、丹羽大輝のパフォーマンスに注目が集まります。

試合開始から予想に反して、ハイプレッシャーをかけてこない栃木SCに対して、ガンバ大阪はパスで崩しに掛かり、何度か決定をつくる。
開始10分も経たない頃、相手GKからのパスを内田達也がパスカット。
そのカットしたボールをレアンドロがパスを出したGKの動きを見て、ループシュートで先制。
その後も内田達也を中心にチャンスを創出。
先制ゴールから更に10分ほど経った頃、栃木SCのセットプレーで恐らく丹羽大輝が大きくクリアし、そのクリアしたボールに倉田秋と藤春廣輝が反応。倉田秋が相手選手と競り合ってヘディングしたボールに藤春廣輝が相手選手と競り勝って、これも相手GKの動きをよく見て、ループシュートで2点目。
全終了前に今節先発の岡崎建哉がボールを持つと、左にレアンドロ、右に倉田秋を従えて、数10mのドリブル。ペナルティエリア近くで中央に動き、相手選手を引きつけたと同時にレアンドロにパス。そのレアンドロが相手ディフェンダーを交わして3点目。

3vs0のまま後半へ。
後半に入って、修正してきたからか栃木SCがボールを持つ時間が増えてくる。
しかし、ガンバ大阪もチャンスをつくり、後半はお互いチャンスをつくるもゴールを割ることができない時間が続いて、そのまま終了。

愛媛FC戦以来の3失点で5敗目。
遠藤保仁、今野泰幸がいなくなった不安は少しは安心感が出たものの、相手チームのプレッシャーがない中での戦いだっただけに、次節のラヴァンツ北九州との戦いでは、どのような戦いになるのか楽しみです。
気になるところは、今シリーズパスミスやマークを外すなど、クオリティが落ちつつある加地亮をベンチはどのように見ているのか。今節ベンチに入ったオ・ジェソク又はシーズン当初ベンチに入っていた星原健太又は本日ベンチ入っていた武井択也の起用はあるのか。
130601_16000001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »