« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013/11/29

第七十九回技術者交流会(D-Alley)は本日

nosaさんのような、、、

第七十九回技術者交流会は本日です。

今回は準備の都合により、次の日時でしたいと思います。

開催場所は、いつも九段下(飯田橋)より今回は渋谷になります。
日時:11月29日(金)※本日
   20:00~

場所:渋谷セミナールーム
   http://shibusemi.com/?page_id=24
道順:http://shibusemi.com/wp-content/uploads/2013/05/akusesu1.pdf

当日場所などが分からない場合、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/28

第七十九回技術者交流会(D-Alley)は明日

nosaさんのような、、、

第七十九回技術者交流会は明日です。

今回は準備の都合により、次の日時でしたいと思います。

開催場所は、いつも九段下(飯田橋)より今回は渋谷になります。
日時:11月29日(金)※明日
   20:00~

場所:渋谷セミナールーム
   http://shibusemi.com/?page_id=24
道順:http://shibusemi.com/wp-content/uploads/2013/05/akusesu1.pdf

当日場所などが分からない場合、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/27

恵比寿・串揚げ「串竹」

nosaさんのような、、、

恵比寿は西口大きなコインパーキング裏のビル2階にある串揚げ屋「串竹」に行ってきました。

ここは33年も続いている老舗で有名人の方も通っているお店だそうです。
カウンターと右奥にテーブル席が2ヶ所あり、テーブルに座ったら、店員さんとお話しながら串揚げを楽しめます。

ソースは秘伝の自家製ソースで、何につけても美味しいです。
ツケダレは、自家製ソースに、ケチャップ、マスタード、塩、レモンとあり、串を出してもらうたびに何を付けて食べたらよいか教えてくれます。

非常に気さくな店員さんで、馴染みのお客さんが多い感じですね。
只、騒々しくないので、お話をしたいときには駅近くですし、オススメです。

ネタも凝った串揚げが多く、最初に苦手なのを伝えておけば、こちらの食べているペースに合わせて、出してくれるので、お腹いっぱいになったら、その旨伝えて終了です。

お茶漬けもあり、最後にはデザートで出してくれます。
焼酎は拘りの焼酎らしく、焼酎好きな方は、是非、頼んでください。
わたし的には非常に飲みやすい焼酎でした。

ネタを組み合わせた美味しい串を楽しみながら、恵比寿駅近くで、一緒に行った人とお話をしたい時にはオススメです。
一人で来るお客さんもいて、店員さんもお話相手してくれます。
130611_19470001 130611_20500001 130611_21010001 130611_21170001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/26

第七十九回技術者交流会(D-Alley)は今週末金曜日

nosaさんのような、、、

第七十九回技術者交流会は今週末金曜日です。

今回は準備の都合により、次の日時でしたいと思います。

開催場所は、いつも九段下(飯田橋)より今回は渋谷になります。
日時:11月29日(金)※今週末金曜日
   20:00~

場所:渋谷セミナールーム
   http://shibusemi.com/?page_id=24
道順:http://shibusemi.com/wp-content/uploads/2013/05/akusesu1.pdf

当日場所などが分からない場合、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/25

【最終戦】J2第42節 ガンバ大阪vsザスパクサツ群馬戦

nosaさんのような、、、

J2第42節最終戦のガンバ大阪vsザスパクサツ群馬戦を観戦しました。

前節にJ2優勝を決めたが、代表戦の故障、疲労で遠藤保仁、今野泰幸、累積により出場停止の西野貴治の3名が出場できないガンバ大阪。
今季降格争いをしてしまったが、残留が決定し、ザスパクサツ群馬のレジェンド櫻田和樹試合になるザスパクサツ群馬。

ガンバ大阪は5連勝でJ1昇格、J2優勝を決めた後のモチベーションの維持ができるか。
降格争いはしたが、J2のヴィッセル神戸と前節引き分けたザスパクサツ群馬は、J2優勝のガンバ大阪相手に今季集大成の試合を見せて、来季に向けて勝利で終わることはできるか。

今季リーグ戦で代表組の遠藤保仁、今野泰幸を欠いた試合は無敗のガンバ大阪は、怪我で長期離脱していた倉田秋、佐藤晃大、岩下敬輔も復帰し、若い選手が多くなったガンバ大阪でどんなパフォーマンスを魅せるかが注目。

前半は宇佐美貴史を中心に、いつ先制ゴールが生まれてもおかしくない試合展開の中、必死のディフェンスで平繁龍一、ロビーニョを使ったカウンター攻撃で応戦する形で後半へ。

右サイドからスローインを受けた宇佐美貴史はザスパクサツ群馬のディフェンス陣7名ほどを細かいタッチのドリブルでマイナスへボールを運ぶ。
最後は、いつシュート打った分からないスピードのシュートで先制ゴール。
途中、倉田秋とのボールのやり取りがあったようにも見えたが、相手ディフェンスからすれば、ボールが倉田秋へ渡ったと思ったら、宇佐美貴史がシュートを打っていたという宇佐美貴史らしい、トリッキーなプレーで今季19点目。
後、1点でキリのいい20得点の期待が出てくる。

後1点で今季100得点、宇佐美貴史の今季後半を過ぎた25節から18試合で20得点が期待される中、1点先制されたザスパクサツ群馬GK北一真が必死のセーブで、追加点を許さない。
試合終了も近づいたころ、ザスパクサツ群馬はFW平繁龍一、ダニエル・ロビーニョに加え、途中出場のエデル、そして、CBクォン・ハンジンを前線に送り、パワープレーを1点を狙いに行く。
そして、エデルがこぼれ球をシュートで終了間際に同点に。

スコアこそ、1vs1だが、攻めのガンバ大阪に対抗したザスパクサツ群馬、両チームともに次の1点に目標があったからか、見ごたえのある試合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/22

新宿・寿司「鮨割烹吾郎」

nosaさんのような、、、

新宿は高田馬場駅の早稲田通り側の商店街を越えて、更に川を越えて、東京富士大学の裏、下落合にある寿司屋「鮨割烹吾郎」に行ってきました。

1軒屋の1階にあり、季節、場所を吟味して、拘りのあるネタを提供してくれる寿司屋さんです。
また、寿司以外でも、毛蟹や1品ものも前もって、オーダーを出しておけば、準備してくれて、行きつけになりたくなるお店です。
お値段も、軽く一杯からがっつり食べたいときなど、行くとき、お店に入った時に、予算を伝えておけば、それに合わせて出してくれます。

行きつけの寿司屋さんを探している、見つけたい方は是非、行って見てください。
大きなお店ではないので、前もってお電話しておくことをオススメします。
板さんも、話しにくい方ではなく、フレンドリーな方ですので、気軽に話しかけてください。

当日、数日前に釣ったワカサギを前日に持って行って、調理して欲しい旨伝えると、今まで食べたことない美味しい天ぷらにしてくれました。

料理に興味のある方も、板さんの調理方法を見ていると、めっちゃ勉強になります。
一品、一品、いろんな状況を加味して、調理しているので、食べているときだけでなく、調理しているところも楽しめます。

玉子焼きに関しては、玉子焼きの域を超えて、カステラです。しかも、小麦粉を使っていなくても、カステラのような仕上がりです。

絶対にオススメは、アナゴです。
2重に重ねた握り方ですが、職人の腕が魅せるアナゴは、病み付きになりそうです。

当たり前ですが、魚の美味しさを最大限に生かしているため、殆んどのネタが、醤油や柚子、塩で食べる時も少しつけるだけで、ヤバいほど美味しいです。

日本酒、焼酎に寿司のネタを潰さずに、活かしてくれているのを置いているので、お酒を飲みながら食べたい方は、更に美味しく楽しめます。

蟹みそも蟹みそ酒にあった黒牛を選択して、作ってくれましたが、恐らく、今まで食べた中で、一番おいしい蟹みそ酒を堪能できます。

シャリが小さくて、お魚をとにかく楽しめるようにしているのですが、どうしても食べたくてもお腹に入らなそうな時は、シャリを抜きにして、食べたいというオーダーもできます。
どうせなら、美味しいネタは、食べておきたいですからね。
131017_20160001 131017_20210001 131017_20310001 131017_20380001 131017_20400001 131017_20480001 131017_20520001 131017_20580001 131017_21090001 131017_21320001 131017_21440001 131017_21470001 131017_21520001 131017_21580001 131017_22030001 131017_22070001 131017_22080001131017_22120001 131017_22160001 131017_22200001 131017_22240001 131017_22270001 131017_22280001 131017_22380001 131017_22550001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/21

第七十九回技術者交流会(D-Alley)は来週末金曜日

nosaさんのような、、、

第七十九回技術者交流会は来週末金曜日です。

今回は準備の都合により、次の日時でしたいと思います。

開催場所は、いつも九段下(飯田橋)より今回は渋谷になります。
日時:11月29日(金)※来週末金曜日
   20:00~

場所:渋谷セミナールーム
   http://shibusemi.com/?page_id=24
道順:http://shibusemi.com/wp-content/uploads/2013/05/akusesu1.pdf

当日場所などが分からない場合、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/20

釣り「芦ノ湖」ワカサギ、ニジマス

nosaさんのような、、、

週末に今年2度目の芦ノ湖に釣りに行ってきました。
いつもは、ワカサギ釣りですが、前回釣ったワカサギを冷凍しておいておき、当日はムーチングの餌に持参しました。
釣り当日に新鮮なワカサギが釣れるまでの餌の為です。

いつもは、福井釣船店ですが、箱根湾しかいったことがなかったので、今回は湖尻での釣りをしてみました。
うえ乃でムーチング主体のワカサギ釣りにしました。

いつもよりは余裕を持って出発し、着いた頃には夜明け組は既に釣りをしており、夜もすっかり明け、日が昇ってるくらいの朝でした。

霧が湖上空、湖から立ち込める中、出船。
赤虫がうえ乃では売っていなかったので、うえ乃スペシャルで空針で釣りました。
糸を垂らし始めて、厳しい状況が続きます。
周りを見ても、厳しそうです。

その中、ポツポツと釣れたワカサギをブクブクで活かしておき、ムーチングの仕掛けの餌を30分を目途に使変えました。
しかし、背に付けても、尾に付けても、気が付いたら、針から外れてしまいます。
バーブレスフックだったので、返しの着いている針に交換し、もちのよい、口に着けて、待つことにしました。

その中、ワカサギをもう少し釣っておこうと思い、冷凍してあったワカサギをワカサギ仕掛けの一番上に口づけをして、誘いをすれば、ワカサギの活性が高くなるだろうかと思って、誘いをしていると、そのワカサギにニジマスがヒット。
仕掛けがワカサギの仕掛けのため、ラインブレイクしないように、ドラグを緩めて、30cmほどのニジマスが。
その後、ムーチングにもオスのニジマスがヒット。
この日は、ニジマス2匹にワカサギ20~30匹。

次回は、赤虫の準備と失効した船舶免許の復活、ヒメトロの準備もして、リベンジを果たしたいと思います。
131116_06430001 131116_11290001 131116_14020001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/19

【J2優勝決定】J2 第41節 ガンバ大阪vsモンテディオ山形戦

nosaさんのような、、、

J2 第41節 ガンバ大阪vsモンテディオ山形戦をスポーツバーで観戦してきました。
用事で最初からの観戦ではないですが、前半の途中からの観戦でした。

ガンバ大阪はこの日、勝利すれば、ホーム万博競技場で初の優勝。チームとしてはJ2初の優勝。を自力で達成できる試合。
モンテディオ山形は、この試合で勝利しなければ、プレーオフの進出への立たれるかもしれない試合。
両チームの目標を達成するうえでは、絶対に負けられない試合。
また、両チームとも、ガンバ大阪は、代表の試合で、遠藤保仁、今野泰幸を、モンテディオ山形は、守備の要である西河翔吾、今季のチーム最多得点タイの中島裕希などお互い主力を欠く戦い。
チームとしての選手層の厚さ、残った選手の気持ち、決定力、メンタルな部分も試される試合。

先制したのはガンバ大阪、今季初先発の佐藤晃大からボールを宇佐美貴史がゴール。
その後、モンテディオ山形は、FKから萬代宏樹が頭で合わせて同点。
しかし、藤春廣輝からのクロスをクリアしようとしたボールは、モンテディオ山形のゴールに、オウンゴールで、前半2vs1で折り返す。

次の1点がお互いの試合を流れを決める状況で、後半はスタート。
お互い激しいボールの奪い合いで、ボールをシュートまでつなげることが難しい試合が続く。
セカンドボール、運動量、精神力の戦いが競い合いが続く。

前半からお互い決定機を外しているシーンが何度が続く状況の中で、二川孝広からの浮き球をディフェンスの裏をついて、受けた宇佐美貴史が落ち着いて次の1点を獲得。

その後も、モンテディオ山形は攻撃の手を止めず、心もおれず、ガンバ大阪を上回る攻撃を仕掛ける。
ガンバ大阪も体を張って、防いでいた中、再び萬代宏樹が藤ヶ谷陽介がはじいたボールをゴールに叩きこみ、1点差。
勝って優勝を決めたいガンバ大阪と、勝利するには、まずはもう1点取って、イーブンに持っていきたいモンテディオ山形の攻防が続くも、気迫で勝るモンテディオ山形は、果敢にガンバ大阪のゴールに迫る。
いつ、同点になってもおかしくない時間が続く中、防戦一方のガンバ大阪。
しかし、時間は過ぎてゆき、アディショナルタイムに突入。

そのまま試合が終了し、ガンバ大阪の勝利。
ホーム万博競技場でかつ、J2初の優勝を達成する。

後、1戦を残して、優勝だが、その後は、優勝セレモニー。

2013年ミスターガンバ 黄金の脚章は、藤春廣輝が受賞した。

遠藤保仁が代表戦で不在の中、キャプテンを務めた加地亮の笑いを誘うコメントも、観衆は温かく拍手で迎え、長谷川健太監督にも笑顔が見られ、次節、2位ヴィッセル神戸と引き分けたザスパクサツ群馬との最終戦が楽しみに。
勝ち点90は届かないが、勝てば89点に。
そして、チームとしても後2点を取れば、得点も100点に。
宇佐美貴史は次節も試合に出て、4得点以上あげれば、後半18試合だけの出場で得点王も見えてきた試合。
昇格が決定、優勝も決定した中、勝ち点89点、得点100点、宇佐美貴史の得点王が掛かった楽しみな試合に。
得点力は断トツの1位だが、失点はJ2のチーム相手に4位と、このままJ1に上がってもいい成績は期待できないだけに、J1を見据えた、今季集大成のような試合を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/18

サッカー国際親善試合 サムライブルー(日本代表)vsオランダ代表戦

nosaさんのような、、、

サッカー国際親善試合 サムライブルー(日本代表)vsオランダ代表戦をテレビ観戦しました。
オランダ代表は、マンチェスター・ユナイテッドのロビン・ファン・ペルシ、ガラタサライのヴェスレイ・スナイデルを欠く布陣。
日本代表は、遠藤保仁と香川真司と川島永嗣がベンチスタート。
西川周作、山口螢はベンチ入りへ大きなチャンス。

ここ数試合の総合的なディフェンス力、素早い攻撃を解決するべく、日本代表は前線からプレスを掛けて、ボールを支配、試合を支配しようとする。
しかし、未だ解決されていない決定力がここでも目を出そうとする。
シュートは打ってもゴールを割ることがない。
その中、内田篤人のバックパスに吉田麻也、西川周作が反応できずに、ファン・デル・ファールトが少ないチャンスをものにして、オランダ代表が1点先制。

この得点をポイントとして、前半はオランダ代表の攻撃が増えてくる。
オランダ代表が日本代表の動きに慣れてきたのか、1点入ったことで、力が抜けてきたのか。
日本代表が1点先制されたことによる微妙なメンタル、動きに影響が出てきたのか。
ファン・デル・ファールト、ナイジェル・デ・ヨング、ストロートマンと3人のMFが縦横武人に動き回り、日本の中盤をかき回す。
前半も終盤、先制点を挙げたファン・デル・ファールトからのパスにボールを受けたオランダ代表キャプテンのロッベンが2点目。

しかし、日本代表は、この日先発の大迫勇也が結果を残す。
日本代表の長谷部誠からのパスを大迫勇也がダイレクトで流し込み、1点を返す。

2vs1で折り返す。
日本代表は、日本代表キャプテンで大迫勇也の得点をアシストをした長谷部誠、清武弘嗣に替わってベンチスタートだった遠藤保仁、香川真司。
前半、リズム、バランスが整っていない感じのしていた日本代表のサッカーが、後半は徐々に、パスがスムーズに繋がるようになり、ぎこちなさも徐々に少なくなり、攻撃も積極的なチャンレンジをするシーンも増えてくる。
只、遠藤保仁、香川真司の動きが目立ったからか、うまく行くシーンと行かないシーン、動きが連動していないケースも目立ち始める。
その中、オランダ代表を素早いサイドチェンジで振り回されていた日本代表だったが、遠藤保仁のサイドチェンジから、本田圭祐、大迫勇也のワンツーで最後は、本田圭祐がダイレクトでシュートを決め、同点に。

その後、両サイドバック長友佑都、内田篤人に替えて、酒井宏樹、酒井高徳を投入。
この日、1ゴール1アシストの大迫勇也に替えて、柿谷曜一朗。
試合終了まで、オランダ代表を攻め込み、決定機も何度かあったが、やはり、決定力の課題は残ったまま。
オランダ代表を逆転することができずに、ドローで終了。
優勝候補のオランダ代表にドローは悪い結果ではないが、ロビン・ファン・ペルシ、ヴェスレイ・スナイデルが試合に出ていなかったこと。
今日勝てる試合を勝てなかったことは、分析をして課題を修正するべきかと。

個人的には、今回、結果を残した大迫勇也は、次の試合も継続して使った欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/15

第七十九回技術者交流会(D-Alley)は再来週末の金曜日

nosaさんのような、、、

第七十九回技術者交流会は再来週末の金曜日です。

今回は準備の都合により、次の日時でしたいと思います。

開催場所は、いつも九段下(飯田橋)より今回は渋谷になります。
日時:11月29日(金)※再来週末の金曜日
   20:00~

場所:渋谷セミナールーム
   http://shibusemi.com/?page_id=24
道順:http://shibusemi.com/wp-content/uploads/2013/05/akusesu1.pdf

当日場所などが分からない場合、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/14

十三・喫茶店「喫茶なにわ」

nosaさんのような、、、

十三は神戸線の方、西改札を出て、左手にある喫茶店「喫茶なにわ」に行ってきました。

ここは、昭和シリーズというか昭和の匂いを感じさせる喫茶店です。
昔の昭和の映画に出てきそうな喫茶店。

こういう昭和の匂いを感じさせる喫茶店には、最近の洗練されたカフェばかり行っていると、たまに行きたくなる。
洗練されたカフェより、何故、落ち着くんだろうっていう感じが好きですね。
個人的には、店員さんは微妙に無愛想な方がより好きです。

いい接客も気持ちいいですが、昭和な喫茶店には、少々無愛想なおばぁちゃんが似合います。

ここもそういう喫茶店です。
店構え、店内、完璧な昭和な喫茶店です。

もし、興味がありましたら、喫茶なにわで落ち着いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/13

大阪・千里中央、鳥料理「浪花屋 鳥造」

nosaさんのような、、、

大阪は千里中央の千里セルシーの地下にある鳥料理「浪花屋 鳥造」に行ってきました。
千里中央で飲み食いするのは、久しぶりでしたが、雨も降っていたということで、千里セルシー内でお店を探し、入ってみました。

テーブル席の方がよかったので、テーブル席を希望したところ、準備するまでカウンターで益させてもらって、奥の座敷は、大きな声で呼ばないと店員さんには声が届かないですが、店員さんの感じはいいお店です。

美味しそうな鳥料理がたくさんあります。
焼きに鉄板焼き、揚げ、、、鳥料理好きな方は、是非。

この日、焼きは食べなかったのですが、刺身、たたきは、美味しかったです。

塩ザンギも味がしっかりついていて、食べごたえありました。
これもオススメです。

気になったのは、焼きそば、ご飯類もありましたので、お腹に余裕のある時は、この辺も今度食べてみたいですね。

デザートもありますので、女性の方にもおすすめです。
130915_20500001 130915_20500002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/12

J2第40節 ガンバ大阪vs京都サンガF.C.戦

nosaさんのような、、、

J2第40節 ガンバ大阪vs京都サンガF.C.戦を自宅観戦しました。

前節に昇格を決定して、残り3戦全勝で次なる目標、J2優勝を目指すガンバ大阪。
相手は、開幕戦、試合を支配されながらもかろうじて、ドローに持ち込めた相手京都サンガF.C.。
京都サンガF.C.は、ここ9戦負けなし、逆転自動昇格は前節のヴィッセル神戸戦のドローで現実味はなくなってきたものの、今期一番の状態。

立ち上がりから両チーム、ボールをキープして、ボールを繋ぎながら、ペナルティエリアまで運び、シュートを伺う攻め同士で、お互い、中盤でのボールへのプレス、奪い合いが続く中、シュートまで持って行ったのは、ガンバ大阪。
特に宇佐美貴史の積極性で、シュートまで持っていくも、最後の精度を欠き、ゴールを割ることができない中、前半も終盤に差し掛かろうとした時、その宇佐美貴史からのパスを藤春廣輝がクロス。
そのクロスは、京都サンガF.C.のGKオ・スンフンがはじくも、そのはじいたボールを今野泰幸が落ち着いて蹴り込み、先制ゴール。
2人目、3人目の動きが連動して、ガンバ大阪からしては、いい形で試合の主導権を奪う。
只、その主導権も前半も終了間際には、京都サンガF.C.の時間が続く。
京都サンガF.C.は次第にシュートを放つようになり、そのシュートもゴールの枠内に飛ぶようになる。
いつ同点になってもおかしくない時間が続くも、この時間をものにすることができずに、1vs0で前半を折り返す。

後半に入っても、ガンバ大阪よりも京都サンガF.C.が攻め込む時間が増える。
CKからのチャンス、少ないチャンスで京都サンガF.C.ゴールに迫るも、京都サンガF.C.がシュート数、FKと同点のチャンスが続き、お互い次の1点をどちらが奪うか、激しい中盤も攻防が繰り返される。

そして、ガンバ大阪は、二川孝広⇒大森晃太郎、宇佐美貴史⇒佐藤晃大と前線の為をつくりながら、運動量に勝る京都サンガF.C.の攻めを少しでも緩和するため、前線での運動量を少しでも上げる目的か。
京都サンガF.C.も、倉貫一毅⇒宮吉拓実、下畠翔吾⇒中村祐哉と、攻撃力を更にパワーアップする交代でガンバ大阪に対抗する。

しかし、交代が功を奏したのは、ガンバ大阪。
後半も終盤。遠藤保仁からのパスを落ち着いて2点目を決めたのは、今期途中から出場している宇佐美貴史の同期、大森晃太郎。

これで更に前のめりにならざるを得なくなった京都サンガF.C.は、最後のカードを三平和司⇒原一樹。

京都サンガF.C.は10試合ぶりの敗戦。
ガンバ大阪は1ヶ月勝てない時期があったものの、終盤に入っての今期3度目の4連勝(うち1度は5連勝)。
当日のこの試合の後のヴィッセル神戸がコンサドーレ札幌に敗れたことによって、次節、勝利すれば、優勝が決定する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/11

武蔵新城・中華「中華東秀」

nosaさんのような、、、

武蔵新城はリーズナブルな中華屋さん「中華東秀」に行ってきました。

オリジン弁当オリジン東秀の中華チェーンです。

仕事がらみで、生まれて初めて武蔵新城に行くことがあり、2時までに仕事が終わる予定が3時近くまで掛かってしまい、空腹の中、食べて帰ろうかどうか、うろうろしていたら見つけたお店です。

地元でしか食べれないようなラーメン屋を探していたのですが、閉まっているか、他で食べたことのあるラーメン屋しか見つからず、坦々麺のお店はあったのですが、この暑い中、坦々麺は辛すぎると思い、お値段もリーズナブルだったので、入りました。

店内は、中年近くのおばちゃんがほのぼのと回している感じがよかったですね。
おばちゃんも何人も集まると、お仕事の話だけでは、収まらないのか、お仕事のお話をしていても、何故か井戸端会議を聞いているようで、、、

当日は、チャーハンとラーメンと餃子を食べたかったのですが、急遽、天津飯が目に入り、天津飯とラーメンを食べました。

非常にリーズナブルということで、お味の方は、それなりにですが、ランチが15:00までやっているのはありがたいですね。
リーズナブルにお腹を満たしたいときには、いいですね。

しかし、私個人的には、もう来ないかもしれない武蔵新城にしか場所が分からないですが。
130715_14490001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/08

第七十九回技術者交流会(D-Alley)は今月最終金曜日

nosaさんのような、、、

第七十九回技術者交流会は今月最終金曜日です。

今回は準備の都合により、次の日時でしたいと思います。

開催場所は、いつも九段下(飯田橋)より今回は渋谷になります。
日時:11月29日(金)※今月最終金曜日
   20:00~

場所:渋谷セミナールーム
   http://shibusemi.com/?page_id=24
道順:http://shibusemi.com/wp-content/uploads/2013/05/akusesu1.pdf

当日場所などが分からない場合、メーリ ングリストにて案内しております携帯にご連絡下 さい。

オライリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/07

渋谷・炭火焼「けむり KEMURI」

nosaさんのような、、、

渋谷は宮下公園へ向かう線路沿いにある居酒屋ばかりはいっているビルの4階にある炭火焼「けむり KEMURI」に行ってきました。

ここも最近よくある個室、半個室ばかりのお店ですね。
なので、騒々しいお客さんが近くに居ると話はしにくいかもしれませんが、負けない声でしゃべれば大丈夫です。

席によっては線路を観ながらの席もあります。
バーニャカウダ、刺身とよくあるメニューから、口の中をさっぱりとして、脂っこいものを食べました。

鶏の炭火焼、つくね、鶏の唐揚げ、鶏天などの鳥料理。

冷奴、アボガド、サラダで口直しをして、

また、鳥料理をいくつか食べました。

リーズナブルなので、ここも渋谷あたり、駅近くで何か食べながら、お話ししたいときにはオススメのお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/06

北海道、女満別・レストラン「Sushi Cafe RETAR(レタラ)」

nosaさんのような、、、

北海道は女満別空港の2階にあるレストラン「Sushi Cafe RETAR(レタラ)」に行った時のこと。
北海道出張の折に、初日と最終日に行きました。
寿司カフェというだけあって、寿司が売りのようです。

お隣のお店に比べて、店内は広くないのですが、席を取ることができれば注文したのが出てくるのが早いので、よかったです。
お隣は全席禁煙ですが、「Sushi Cafe RETAR(レタラ)」は出入り口側の4席ほどは喫煙可でした。
喫煙者の方は、「Sushi Cafe RETAR(レタラ)」を。

寿司、カフェっぽいメニュー、スイーツもあり、ドリンクはこちらの方が揃っている感じですね。

初日はカニラーメンを食べましたが、カニの身が入っていて、あっさりして、美味しかったです。
小腹が空いた程度でしたら、パスタがちょうどいいボリュームだったと思います。

ビールは、サッポロビールにアサヒ、網走ビール、ノンアルコールと揃っています。
それ以外のドリンクは、日本酒、焼酎、シャンパン、ワイン、果実酒、ウィスキーとバー的にも使えますね。

寿司と日本酒、焼酎もよいかと。
日本最北の酒蔵の「國稀」も呑めます。
当日も呑みましたが、飲みやすく、結構な量呑みました。
130921_14460001 130923_18370001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/05

【J1昇格決定!】J2第38節 ガンバ大阪vsロアッソ熊本戦

nosaさんのような、、、

J2第38節 ガンバ大阪vsロアッソ熊本戦後のヴィッセル神戸vs京都サンガF.C.戦が引き分けだったため、ガンバ大阪のJ1昇格(復帰)が決定しました。

前述通り、ヴィッセル神戸vs京都サンガF.C.戦の結果如何という自力での昇格ではなかったものの、勝って、結果昇格できなくても、次節の京都サンガF.C.戦で自力で決めればいいという状況のガンバ大阪。
勝利は2ケタいったものの、下位争いに甘んじているロアッソ熊本。今後の目標は、、、な状況だが、前節、ガンバ大阪に完勝したV・ファーレン長崎に勝ち切り、今節はなんとか意地、この状況のガンバ大阪に一泡喰わせてやろうというロアッソ熊本か。
ロアッソ熊本には、矢野 大輔、青木 良太と元ガンバ大阪出身の選手もいるだけにV・ファーレン長崎戦のような戦いができるか。

左サイド奥で宇佐美貴史がボールをキープし、相手DFを引き付けたところで、二川孝広にパス。
そのパスをダイレクトで、クロスを。そのクロスを遠藤保仁がフリーで、頭を合わせて先制。

その数分後、この日は倉田秋からのCKを丹羽大輝が合わせるも、再度、逆サイドのCKへ。
次も倉田秋からのCKを宇佐美貴史が頭で合わせて、GKがはじいたボールを丹羽大輝が押し込んで、2点目。

その後もガンバ大阪が主導権を握って試合が進むものの、次の1点が取れない状況で40分を過ぎたところ、中央でボールに触った二川孝広からのボールをダイレクトで宇佐美貴史がシュートを打って、相手DFにあたったものの、ボールはゴールネットを揺らし、3点目。
この日すべての得点に宇佐美貴史が絡む前半。
宇佐美貴史は、この日前線からの守備もしっかりしていて、ダイレクトのプレーが得点につながった。
辺にボールを持たず、選択肢をまずはシュートからという意識が得点につながった感じ。

しかし、その後、その活躍からか宇佐美貴史へのチェックが厳しくなる。

そのまま、後半へ。
宇佐美 貴史と同じプラチナ世代の堀米 勇輝 → 大迫 希へ。
仲間 隼斗 → ドゥグラスへ。
ガンバ大阪も試合前のアクシデントで大森晃太郎に替って久々の先発の二川 孝広 → 阿部 浩之へ。
ロアッソ熊本は最後の交代カードをガンバ大阪の監督長谷川健太監督の下でプレーしたことのあり、今年引退する北嶋 秀朗 → ウーゴ。
そして、ガンバ大阪は、この日、全ての得点に絡んだ宇佐美 貴史⇒前節、今年初ピッチにたった佐藤 晃大へ。
前半シュート1本のロアッソ熊本は、後半は40分近くなったところで、ウーゴがようやくファーストシュート。
今日のガンバ大阪は前線からの守備がしっかりしていて、後半も40分までにロアッソ熊本にシュート2本という状況。
そのまま40分を過ぎたころ。
後半も宇佐美貴史は動きはよかったが、次の点が期待できそうな中、次第にクオリティ、運動量が落ちて行ったのか得点は奪えず、替った佐藤 晃大の運動量に期待をしている中、今野泰幸からのボールを相手DFの間に飛び込んで、胸でボールを停めて、1タッチでシュートで、ゴール!佐藤 晃大、今節初ゴール。

その後、ロアッソ熊本の時間もあり、シュートを放つもゴールを割ることができず、そのまま4vs1で試合終了。

この日は今までと違ってFK、CKを今までの遠藤保仁でもなく、二川孝広でもなく、宇佐美貴史でもなく、倉田秋だった。
それが功を奏したのか。そこからのボールがガンバ大阪の選手にボールを渡るケースが多く、セットプレーでなかなか強さを出せないガンバ大阪が、今後、武器になる予感は収穫のように思いますね。
次の京都サンガF.C.戦では、接戦になる可能性が高く、こういう武器があるか否かで試合を決めるかもしれないので、楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/01

恵比寿・九州料理「熱中屋」

nosaさんのような、、、

恵比寿は西口方面の筋を入っていったところのビルの2階にある九州料理「熱中屋」に行ってきました。

九州料理が売りのお店なので、九州料理が好きな方は是非。
私は、鉄板に並んでいる餃子にそそられて、お店に入ってしまいました。

店内に入ると、水槽があり、カウンター、テーブル席があります。
コース料理もあり、リーズナブルなお店かと思います。
恵比寿へよくお越しの方は、覚えておいたら、いつか使えそうなお店ですね。

突出しは、たらこで、それぞれ違う種類のたらこで、いろんな味のたらこというか明太子を楽しめました。
鶏の焼いたのは、脂身がしっかりしていて、ワサビで食べると、あっさりして食べやすかったです。

後は、ひかれた餃子。
これも美味しかったですね。

それ以外もいくつか食べましたが、リーズナブルでいいお店ですね。
130927_23410001130927_23480001 130927_23480002 130927_23510001 130927_23570001 130928_00230001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »