« 第七十九回技術者交流会(D-Alley)は来週末金曜日 | トップページ | 【最終戦】J2第42節 ガンバ大阪vsザスパクサツ群馬戦 »

2013/11/22

新宿・寿司「鮨割烹吾郎」

nosaさんのような、、、

新宿は高田馬場駅の早稲田通り側の商店街を越えて、更に川を越えて、東京富士大学の裏、下落合にある寿司屋「鮨割烹吾郎」に行ってきました。

1軒屋の1階にあり、季節、場所を吟味して、拘りのあるネタを提供してくれる寿司屋さんです。
また、寿司以外でも、毛蟹や1品ものも前もって、オーダーを出しておけば、準備してくれて、行きつけになりたくなるお店です。
お値段も、軽く一杯からがっつり食べたいときなど、行くとき、お店に入った時に、予算を伝えておけば、それに合わせて出してくれます。

行きつけの寿司屋さんを探している、見つけたい方は是非、行って見てください。
大きなお店ではないので、前もってお電話しておくことをオススメします。
板さんも、話しにくい方ではなく、フレンドリーな方ですので、気軽に話しかけてください。

当日、数日前に釣ったワカサギを前日に持って行って、調理して欲しい旨伝えると、今まで食べたことない美味しい天ぷらにしてくれました。

料理に興味のある方も、板さんの調理方法を見ていると、めっちゃ勉強になります。
一品、一品、いろんな状況を加味して、調理しているので、食べているときだけでなく、調理しているところも楽しめます。

玉子焼きに関しては、玉子焼きの域を超えて、カステラです。しかも、小麦粉を使っていなくても、カステラのような仕上がりです。

絶対にオススメは、アナゴです。
2重に重ねた握り方ですが、職人の腕が魅せるアナゴは、病み付きになりそうです。

当たり前ですが、魚の美味しさを最大限に生かしているため、殆んどのネタが、醤油や柚子、塩で食べる時も少しつけるだけで、ヤバいほど美味しいです。

日本酒、焼酎に寿司のネタを潰さずに、活かしてくれているのを置いているので、お酒を飲みながら食べたい方は、更に美味しく楽しめます。

蟹みそも蟹みそ酒にあった黒牛を選択して、作ってくれましたが、恐らく、今まで食べた中で、一番おいしい蟹みそ酒を堪能できます。

シャリが小さくて、お魚をとにかく楽しめるようにしているのですが、どうしても食べたくてもお腹に入らなそうな時は、シャリを抜きにして、食べたいというオーダーもできます。
どうせなら、美味しいネタは、食べておきたいですからね。
131017_20160001 131017_20210001 131017_20310001 131017_20380001 131017_20400001 131017_20480001 131017_20520001 131017_20580001 131017_21090001 131017_21320001 131017_21440001 131017_21470001 131017_21520001 131017_21580001 131017_22030001 131017_22070001 131017_22080001131017_22120001 131017_22160001 131017_22200001 131017_22240001 131017_22270001 131017_22280001 131017_22380001 131017_22550001

|

« 第七十九回技術者交流会(D-Alley)は来週末金曜日 | トップページ | 【最終戦】J2第42節 ガンバ大阪vsザスパクサツ群馬戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53739/58413277

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿・寿司「鮨割烹吾郎」:

« 第七十九回技術者交流会(D-Alley)は来週末金曜日 | トップページ | 【最終戦】J2第42節 ガンバ大阪vsザスパクサツ群馬戦 »