2010/11/26

Windows XP肥大化(膨張化)【実践編】

nosaさんのような、、、

さぁ、10GBしかないCドライブを拡張せねば。
まずは、40GBあるDドライブの全てのファイルを外付けのHDDへ移動。

そして、パーティション拡張で使いやすい無料のツールは「EASEUS Partition Master」。
商用利用しなければ、無料です。
インストールして、起動すると、現在のディスクパーティション状態が見れます。
CドライブとDドライブありますね。

Dドライブを選択して、Deleteで削除しちゃいます。
そして、Cドライブの右側をグーンと伸ばして、拡張しちゃいます。
Cドライブが50GBになりました。

最後に、Applyして終わりですね。
パソコンを再起動すると、Dドライブはなくなって、Cドライブが50GBになりました。

そして、思う存分、Windowsアップデートを済ませ、CCleanerで軽く掃除もしておきました。

只、困ったことを1点忘れておりました。
Dドライブにインストールしたアプリケーションです。
これは、レジストリのC:\Program~をD:\Programへ変更して、アンインストールし、拡張後、再インストールしました。
レジストリを変更しないと、削除できないです。
削除しなくても大丈夫かもしれないですが、これを機会に削除して再インストールしました。

でおしまい。
いや、ちょっとパフォーマンスチューニングもしておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/25

Windows XP肥大化(膨張化)【調査編】

nosaさんのような、、、

まずは、不要ファイルを削除するにあたって、手抜きをしてしまったところから。

「Power4 Gear Current system do not support this utility porgram Stop!」のエラーメッセージとドライバ一生懸命インストールしようとする件。

調べてみると、ACPIドライバがなく、エラーが出ている模様。

これは、リカバリCDがないとどうしようもない。

リカバリCDがない場合は、同じ型のパソコンを持っている人を探し出して、ドライバを見つけないと。

と思って、引き出しを探していたら、ちゃんと作っていました。リカバリCDを。

4枚目で見つかり、エラーメッセージはでなくなり、ドライバを一生懸命にインストールしようともしなくなりました。

次にWindows肥大化調査です。

一体、WindowsがあるCドライブにどのくらいのディスクが必要なの。

ググってみると、20GBになっていたや、何GBになっていたや、すごいのは、80GBを超えている人達もいるみたいです。

これは、Cドライブを拡張しない限り無理だなとの結論に。

それにしても、Windows VISTAもWindows7も15GB以上ディスク容量は必要なので、WindowsをCドライブにインストールしていて、Cドライブが15GB以下なら、遅かれ早かれ私と同じような目に会うこと必至。

それにしても、WindowsVISTAからいきなり10倍くらいに膨れ上がるってのは、マイクロソフトも独占しているからできることですね。

自然とパソコンを買い替えないといけない時期に来て、買い換えようとすると、Windows7しか売っていないような、、、

でもって、次回は実践編。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/05

WindowsXP肥大化(膨張化)対応【序章】

nosaさんのような、、、

バリ島のマッサージ屋さん「バロン」恵比寿南店」のパソコン「MURAMASA」が使用中、急に電源が落ちるのをシャープに問い合わせたところ、基盤の不具合で交換が必要とのこと。
が、しかし、その基盤が製造されておらず、交換ができず、直せないと。
ちょっと、ショックを隠せないまま、お店のパソコンを何とかせねばならず、余っていたノートパソコン「Mebius」をお店用にすることを決意。

2年ぶりくらいに「Mebius」を立ち上げて、中身を確認していると、動作が遅い。
以前、使っていた時はこんなに遅かったかなと思いつつも、必要そうなアプリはお店の顧客管理ソフト以外は揃っていたので、その顧客管理ソフトを入れて、使ってもらおうと思いきや、パソコンを終了させると、Windowsアップデートが終わりません。

数十というアップデートを何度か繰り返している間に、Cドライブが容量いっぱいに。

ディスクのクリーンアップをして、デフラグをした後、再度、アップデート再開。
またまた、ディスク一杯に。

Cドライブ10GB、Dドライブ40GB。

Cドライブに不要そうなデータを削除して、ディスクのクリーンアップをして、デフラグをした後、再度、アップデート再開。
またまたまた、ディスク一杯に。
一体、マイクロソフトはどれだけのアップデートを送り込んでくるのか!?

どうせ、お店のパソコン。
顧客管理と、インターネットとオフィスが使えれば充分のはずと、手抜きをして、不要ファイル削除のフリーソフト「Moo0 HDD掃除機」を実行。
そして、更にプログラムの追加と削除で適当にいくつかプログラムを削除。

すると、Windowsを再起動して、立ち上がると、「Power4 Gear Current system do not support this utility porgram Stop!」とエラーメッセージ。
更に、ドライバを一生懸命インストールしようとする。
しかし、ドライバーは見つからず、どうしよう。

次は調査編をお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/21

迷惑メール、法改正で送信全面禁止

nosaさんのような、、、

迷惑メール、法改正で送信全面禁止 海外発規制へ諸外国の協力カギ
だって。

以前、スパム電話やスパムFAXについて書いたことがありますが、久々に迷惑電話や迷惑FAXというキーワードで検索してみると、結構、いろんなサイトが見つかりました。

久々に検索して、見てみようかとワンギリ情報サイトのようなサイトも出てきているので、ためになるような。

さて、迷惑メールですが、個人的には迷惑電話や迷惑FAXにも適用して欲しい。
特にFAXは無駄にコストを使われるので。

ま、スパムが減る可能性は微妙との記事ですが、海外から送れば大丈夫ということは、無修正サイトのようにいずれ、海外のスパム業者が日本というお客さんが増える結果になったりして、やっぱ、IXレベルでIPかドメインで日本へアクセスできなくするしか、、、
まぁ、そのIPやドメインは他業者が使う可能性がありますので、問題ない業者が利用する場合は、アクセスできるようにもしないといけませんが。

ブラジルがYouTubeを見れなくしたイメージですね。
でも、この話。その後、ちょっとブラジルはYouTubeに優しくなった?
結局、今はどのようになっているんでしょうかねぇ。

施行後、様子を見てみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/01

「MURAMASA」復旧

nosaさんのような、、、

ハードディスクが逝かれてしまっていた「MURAMASA」の復旧を試みてみました。

まず、ハードディスクが逝かれていたので、ハードディスク交換。
100GBのハードディスク料金込みで\20,000円だったので、秋葉原のオータムテクノロジーに頼みました。
ほぼ修理出して、翌日に完了の連絡があって、その翌日に引き取りに行きました。

「MURAMASA」は以前、ディスク交換したときもちょっとテクニックが必要だったので、\20,000台だったら、お願いした方が安心で楽ですね。

その後、余っていたWindowsXPをインストール。
しかし、プロダクトキーを入力するところで、「プロダクトキーが無効です。」とおっしゃります。
何度入力しても、LANから外してもです。
ネットで調べても、納得のいく解決策が見つからないので、パッケージの冊子に載っていたマイクロソフトのサポートに電話したところ、あっさり解決。
BIOSの時間が本当の時間と数分以上ずれていると駄目らしいです。
その解決策も納得がいった訳ではないのですが、分をあわせて再インストールすると、「プロダクトキーは無効です。」おっしゃらなくなりました。

まぁ、無事復活なので、現在のパソコンが逝ってもいいように、バックアップの設定をしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/23

Lycos(ライコス)復活

nosaさんのような、、、

Lycos(ライコス)が復活しています。
楽天に買収されて、インフォシークと一緒になったと思っていたら、韓国No.1ポータルサイトを運営するダウム・コミュニケーションズという会社とKDDIが共同で運営することによって復活みたいです。

動画、画像、テキストをクリップできる動画ブログサービスでそうです。
サイトを見ると一瞬、YouTubeかと思いましたが、動画ブログサービスです。

カテゴリ分けをしていないのか、私がカテゴリでの見方をしらないのか、エッチなコンテンツと真面目なコンテンツが並んでいるのが、なんだか新鮮です。
YouTubeの立ち上がり時分を思い出します。

人気動画、人気イメージを見るとエッチ系が結構あるということは、男ユーザーが多いということか。

YouTubeは海外からの利用も多いので、ジョーク系が多いが、アメリカのライコスとは連動しないのかなぁ。

これからがYouTubeと並んで楽しみなサイトになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/26

PLSTHX.com

nosaさんのような、、、

以前、「YouTube」(本当にこのサイトは大丈夫なのかどうなのかは置いておいて)を紹介しましたが、また、同じような面白いサイト見つけました。

YouTube」はいまでは、いろんなサイトやブログからリンクに使われていたりして、だいぶん有名になってきましたね。

PLSTHX.com」です。
動画に限らず、アニメーション、画像、ゲームなどもあるみたいです。
動画には「FUNNY」「SPORTS」「CRAZY」「WTF?」「MISC」というカテゴリがあり、「SPORTS」にはボブ・サップの動画あります。
ボブ・サップもネタ的には今更という突っ込みも入れられるかもしれませんが、モータースポーツのクラッシュシーンなどもあり、好きな人にはいいかも。
なんか、野球が予定より早く終わってしまって、時間が余ったときにやっている番組を見ているようです。

個人的には「CRAZY」がいいですね。
人によっては笑えないのもありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/22

中国ポータルサイト「新浪」「捜狐」「中華網」サービスストップ

nosaさんのような、、、

中国のポータルサイト「新浪」「捜狐」「中華網」が同時期にサービスストップしました。
こんなことってあるんですね。
ポータルサイトが3つもサービスストップすれば、この間にポータル以外の利用方法がユーザーに確立されてしまいそうですが。

新浪」は、トップページは表示されるので、検索が利用できない状態のようです。
捜狐」も、トップページは表示されるので、検索が利用できない状態のようです。
中華網」も、トップページは表示されるので、検索が利用できない状態のようです。

こういうケースは同時に利用できなくなったケースの比較がしやいですね。
捜狐」はそつなく、広告を出していますね。

こういうケース、ビジネス的にはそつなく広告を出したがりますが、ユーザー心理からすると、「ふざけんなよ。」って感じもします。

後、中国のポータルサイトは日本ポータルサイトに比べてテキストの量がすごいですね。
中国語が読めないから当たり前ですが、ちょっと見難い印象がありました。
中国語が読めればそうでもないんだと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/20

マクロメディア認定製品取扱店⇒アドビ認定ディーラープログラム他

nosaのような、、、

昨年春のアドビ、マクロメディアを34億ドルで買収以来、いつか連絡があるだろうと思っていましたが、来ました。
買収発表から1年余、マクロメディア認定製品取扱店プログラム終了。
かわりに、
・アドビ認定ディーラープログラム
・アドビソリューションパートナーズ
だそうです。

メールに、会社に電話、封書などアドビ的にはかなり力を入れてプロモーションをしているみたいです。

いずれにしても申込だけは無償ですので、今日のある企業様は申込してみては如何でしょうか?
ちなみにアドビ認定ディーラーは実績ベースでの区分けがありますので。

対象製品は、
・Adobe LiveCycle
・Adobe Acrobat
・Adobe Flex
・Adobe Breeze
・Macromedia Flash Media Server
です。
Flexは、Adobe Flexになっていたんですね。

うちの会社もマクロメディア認定製品取扱店だったので、申込しておきました。
マクロメディア時代は、たくさんの書類を記入して送付(Faxだったかな?)しなければいけなかったので、全てWebフォームで済ませることが出来、数分で完了しましたので、楽でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/08

今、チョコレートバー調査をしたら、、、

nosaさんのような、、、

あるサイトを見ていると、次のサイトへのリンクがあったので、閲覧してみました。
チョコレートと交換でパスワードを教えた人、7割超える-英調査 2004/04/21

今から2年前の話ですが、非常に恐ろしい話ですね。
各社セキュリティ絡みのニュースは大変露出してきているので、今、一度、日本で調査して欲しいです。

楽しみな反面、結果を知るのが怖いですが。

私の周りでも実際に関わらないと、ニュースの事件と同じレベルでしか反応していないので、対策を考えるや講じるよりは、どちらかというと、それなら使わないようにしようやできるだけ使わないようにしよう程度のリテラシーのように感じます。

チョコレートバーがそんなに欲しいのかどうかは別にして、チョコレートバーを買えないくらいの人にアンケートしたとは考えにくいので、パスワードはチョコレートバー以下か。

私個人的には交換条件がなければ、ありがたく貰いますが、同じアンケートをされてパスワードに変わるものを考えたら、普段持ち歩いているものでは、ノートのいらないページか居酒屋などの割引券か名刺くらいしかなかったですね。

リテラシーの低い人にとっては、パスワードというのは、重要なものではなく、邪魔なものという認識が強いのかもしれませんね。

これは、やはり教育が必要な部分だと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)