2006/09/29

富豪とのランチ7000万円 バフェット氏

nosaさんのような、、、

世界第2位の富豪でアメリカの投資家、ウォーレン・バフェット氏とランチができる権利がインターネットオークションで有名なイーベイで約62万ドル(約7100万円)で落札されたらしい。

ウォーレン・バフェット氏は貧困者を支援する慈善事業団体に寄付するために、7年前からこの試みをしているらしい。

マイクロソフト社長のビル・ゲイツ氏が会長を務める慈善基金にも16億ドル相当を寄付したとの話もありますが、16億ドルって、日本円に直すと2000億弱ですよ。

自己資産の85%が440億ドルですから、100%だと500億ドル以上。
ってことは、円に直すと、5兆円以上ですか。

モンゴルの国民総生産の25倍ほどですか。
モンゴル国民全員の更に25倍の資産ですから。
気が遠くなります。

お金は天下のまわりものといいますが、、、持っている人は使い方も違う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/06

北朝鮮ミサイル

nosaさんのような、、、

中田英寿の引退や街中ラリアットして歩行者を負傷させたおじさんなど書きたいネタは他にもありましたら、やはり北朝鮮からミサイルでしょう。

先月にも噂は流れていましたが、とうとう飛んできたみたいですね。
5日の未明より6発とか10発とか言われています。
安部晋三官房長官は「北朝鮮に対して厳重に抗議し、遺憾の意を表明する。」とありましたが、そんな問題かなという気もします。

正直、日本海で漁や遠海までクルージングなんて、どっこからテポドンが飛んでくるかわからない状態では、怖くて日本海へ立ち入れないですね。

ミサイルの種類は「テポドン」「スカッド」「ノドン」とかが飛び交っていますが、
「テポドン」は北朝鮮の地名で、アメリカつけたコードネーム。正式名称は何なんでしょう。
「スカッド」はソ連が開発した弾道ミサイル。これもNATOでつけたコードネームだそうです。
「ノドン」も北朝鮮の地名で、これもアメリカがつけたコードネーム。
ミサイルはたいてい、コードネームで呼ばれるのが普通なのか??

ちなみに、1.スカッド(韓国に届く)2.ノドン(日本に届く)3.テポドン(もっと遠くに飛ぶ)
の順番で飛ぶのだそうです。

テポドンまで飛ばしたところにアメリカも牽制しているという話ですが、個人的にはここは同盟国アメリカのパトリオットミサイルで、次飛んできたときは、撃墜してアメリカと同盟を結ぶことによる安心感と挑発行為に対する反撃をしてもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/04/25

またまたみずほ銀行にやられました。

nosaさんのような、、、

昨年、みずほ銀行のミスで会社のクレジットカードが使えなくなったのに、直ぐに使えるように言うと、お客さんがいる中で、ヤ○ザさんに脅されているような態度で迎えられた挙句、自分ところのミスと気づいたら、裏口に移動させられ、サランラップとアルミホイルを手渡されてごまかされたことがありました。

またまた、やられました。昨年ほどではありませんが。
労災の払い込みをしようと向かいました。
整理番号を取って、記入用紙に記入、捺印して椅子に座って待っていました。

少々うろうろしたためたか、もう直ぐ自分の番だと「労働保険の領収済通知書」と「税金・公共料金等納付依頼書」と整理番号を手に持って準備をしようとしました。

「労働保険の領収済通知書」と「税金・公共料金等納付依頼書」はあるのですが、整理番号が見当たりません。
どこかに落としたみたいです。
まぁ、番号を覚えていたので、「労働保険の領収済通知書」と「税金・公共料金等納付依頼書」を手に持って待っていました。45分も待ちました。

自分の番の前の人が呼ばれ、上着、傘、かばんもしっかり持って、呼ばれたら直ぐにでもいける体勢でいたら、な、なんと自分の番を飛ばされて番号が呼ばれました。

呼ばれる窓口は、4ヶ所ありましたので、あの窓口の人とは縁がないんだと、中腰状態で、もう一度呼ばれるのを待っていました。

呼ばれてもその人はいないみたいです。いないと判断したのか、次の人を呼ぼうとしました。
私も完全に立ち上がり、あの機械は壊れている、次は私だろうと思うと、別の窓口で案内がありました。私の次の次の番号です。俺の番号は?

次に呼んでもいなかった窓口で案内がありました。私の次の次の次の番号です。
この銀行はギャグをしているかのように私の番号を呼んでくれません。
びっくりカメラかと思い、回りを見渡しましたが、カメラらしきものが見当たりません。

昨年の忌まわしき記憶が蘇り、問い合わせに行こうとしたら、もう1つの窓口から私の次の次の次の次の番号が呼ばれました。
その瞬間、怒りがこみ上げているのが分かり、自分で抑えてと心で呟きながら、気がついたら、出口にいました。

呼んでもいない人は何度も呼び、窓口以外の人も協力して探すのですが、番号を落とした人は探してくれないみたいです。
また、ヤ○ザさんのように扱われるのが頭をよぎり、完全に怒る気力を失い、帰社しました。

もう、大金が預けないといけなくなったときは絶対に銀行変えてやる。
というより、折見て、会社の銀行も変えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/30

ロボット派遣-派遣ビジネスもここまで

nosaさんのような、、、

ロボット派遣といえば、既に2004年に大阪の会社が日本発のロボット派遣プロダクションを設立しています。
ロボット派遣している会社のホームページなどを見ていると、オンラインショップをしているところもあります。
派遣をして、更に販売しているということは、ロボットの新品と派遣したことのある中古を販売しているかと思いきや、、、

ロボット派遣って、いったいどういうところに派遣されるのでしょうか。

企業の受付や福祉施設の高齢者介護にコミュニケーションロボットというロボットを派遣したりするそうです。

コミュニケーションロボットとは、いわゆる以前スティーブン・スピルバーグが監督した映画「A.I.」にでてくる少年ロボットのようなロボットのことを言うらしい。

福祉施設に行ったことはあまりありませんが、企業の受付でコミュニケーションロボットを見た記憶がまだありませんので、今後は気をつけてみてみたいと思います。

ちなみにソニーの「AIBO」は有名ですが、キティちゃんの「Hello Kitty ROBO」ってのもあるらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/19

東証は売買取引400万件で停止ってはじめて知りました。

nosaさんのような、、、

18日14時25分に東証では売買取引停止しました。
理由は売買取引400万件に達したからだそうです。
私としてははじめて知りました。売買取引の制限があったのは。

注文件数ではなく、約定件数だと思いますが、この件数だといたずらしようと思ったらできそうなので、ちょっと怖いですね。
東証での基準は注文件数850万件、約定件数が400万件。

1ユーザーあたりの約定件数の上限もあるのでしょうか。
今度、知人に会ったときにでも聞いてみようと思います。

余談ですが、東証では上場会社に対して表彰制度があります。
・ディスクロージャー表彰制度
・個人株主拡大表彰制度
詳細は東証のホームページにありますが、三菱商事が表彰されています。
一連の件で表彰までとは、改善されていますね。

さて、約定件数の件ですが、近々、数倍に上げる予定だそうですが、表彰制度のように個人株主を増やす方針を打ち出している方向性を考慮して、数倍に留まらず、桁の違うパフォーマンスをアップしなくてはいけなくなるかもしれませんね。

恐らくライブドアの件の一時的なものと捉えているのでの目標だと思いますが。

まぁ、株を全然しない私としては全然関係ないですが、この手のシステムは仕事で関連するかもしれませんので、気になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/18

強制捜査が入ると、、、

nosaさんのような、、、

ライブドアへの強制捜査は東京地検特捜部と証券取引等監視委員会あわせて総勢80名が入ったらしいです。

エレベータは1回で上がれたのでしょうか。

さて、「まるさの女」で家に強制捜査が入るシーンは、見たことあるのですが、会社へのはテレビで三菱自動車への再現強制捜査くらいです。

当件で、結構生々しく、レポートされている記事がありました。

押収の対象は幹部以上だそうで、パソコンデータや文書を押収されたそうです。
幹部以上の方はあまりパソコンに恥ずかしいデータは置けないですね。
(私の場合女の子とのメールのやりとり以外はあまり恥ずかしいデータはないですが)

更に押収中、全社員へ向けて、パソコンと携帯電話には一切触らないように指示が出たそうです。このときは、仕事をしたくない人にはいいひと時ではなかったでしょうか。
私なら恐らく、タバコを吸いに行ったと思います。

最後にここまでするのかって言うのは、
ライブドアのある38階エレベータ入口では、退社時に全社員を対象としてパソコンなどの手荷物検査をしたそうです。

いやー、私なんかいつもパソコン持ちあるついているので、絶対に怪しまれそうですね。
強制捜査が入ったときはパソコンを持ち帰らないように気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/29

少額訴訟について

nosaさんのような、、、

この間、内容証明書について書きましたが、結局、少額訴訟を起こさずに済みました。
内容証明書に記載しておいた連絡期限の2日前に支払意思がある旨の電話がありました。
本人ではなく、本人が働く会社の専務からですが。

連絡期限を越えても連絡がない場合は、代金を請求する旨の内容証明書を郵送して、支払われない場合、簡易裁判所へ少額訴訟を起こす予定でしたので、ちょっと拍子抜けしましたが、けっかく調べたので簡単な説明を。

訴えを起こしたくても弁護士費用や司法書士費用を考えると、ペイできない場合などは簡易裁判所へ少額訴訟を起こすことができます。

分かりやすくいうと、フリーなんかで数十万程度の案件を受託したが、お客様の都合で代金が支払われない場合などです。

それまでには大抵、内容証明書を発行しますが、自分で書いた場合は内容証明郵便代だけですので、せいぜい数千円で済むのではと思います。
行政書士さんや司法書士さんに頼むとおそらく1通数万円程度ですね。

そして肝心の訴訟費用は訴額の100分の1です。
例えば、60万円支払え!って少額訴訟した場合、訴訟費用は\6,000です。

調べてみると、上限が30万円説と60万円説があるみたいですが、私は40万円で行政書士さんと司法書士さんに相談したら少額訴訟をすすめられたので、おそらく60万円説が正しいような気がします。

後は切手代が必要です。裁判所によって違うみたいなので、各裁判所に問い合わせてみてください。大抵、数千円程度だと思いますが。

審理・口頭弁論も通常1回で済むので、長引いたりして困ることもあまりなさそうです。

注意点は、対象が金銭のみ。俺の貸した時計を返せって少額訴訟は無理みたいですね。
訴訟は年10回までらしい。よっぽど好きでないとそんなに多くしないと思いますが。
とあることの対策で10回までらしい。
相手方の住所が分からないと訴訟を起こすことができない。
私の場合も分かりませんでした。しかし、勤め先が分かっていたので、その勤め先宛に内容証明書を送付しました。おそらく専務はこのまま放っておいて会社が訴えられたら偉いことだということで、電話をしてきたのでしょう。
反訴、控訴はできない。この辺が長引かなくていいですね。

月間1000弱ほど(東京100以上、大阪50以上)ありますので、皆さんも数十万程度だからって泣き寝入りせずに検討してみては如何でしょうか。

そんなことしなくてよいような取引先とだけ付き合うのがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/07

内容証明書いてみました。

nosaさんのような、、、

先日、諸事情で内容証明を書くことになりました。
(こちらは被害者側です。)

内容はさせおき、行政書士さんと司法書士さんに相談してみましたが、1通\52,500の見積だったので、一度、書いてみようと調べてみました。

そして、その時ですが、司法書士さん弁護士さんの違いを学びました。
今まで、実を言うと司法書士さんは行政書士さんの偉い版だと思っていました。
しかし、司法書士と弁護士を比較した場合、100万以上の訴訟などは弁護士さん、それ以下だと司法書士さんに依頼するの一般だそうです。
勉強になりました。

で、内容証書です。
特にフォーマットがある訳ではないそうです。
要は、どんな紙でも(常識レベル、チラシの裏紙なんか駄目かもしれませんが)、どんなものでも書いても(ボールペンでもパソコンで作成して印刷など)いいです。枚数も自由。

形式だけが決まっています。(ひょっとしたらここだけが重要!?)
用紙1枚あたりの文字数、行数、1行あたりの文字数が決まっています。
1枚あたりの文字数:520文字以内
1枚あたりの行数:26行(縦書)、横書は1行20文字以内は26行、13文字以内は40行、26文字以内は20行以内
1行あたりの文字数:20行(縦書)、横書は前述ですね。

紙に書いた(又は印刷した)後、郵便局に持って行きますが、注意点が2点あります。
1点目。3部印刷する。
1部目は、自分用。
2部目は、送り先用。
3部目は、郵便局用。
自分のは家にあるからといっても駄目です。とりあえず、全部に判子を押すので、3部郵便局の人に渡さないといけません。

2点目。内容証明郵便を受け付ける郵便局と受け付けない郵便局がある。
たいてい大きめの郵便局は受け付けてくれますが、小さいところは受け付けてくれないところがあります。

郵便局のオプションとして、相手が受け取ったのを証明連絡オプションがあります。
念には念をのオプションですね。

最後に特に外国人の方へ英語は駄目です。日本語のみ対応です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)