2014/01/14

釣り「熱海、伊東」メバル、メジナ、カワハギ、海タナゴ、アジ

nosaさんのような、、、

熱海港海釣り施設、伊東港に釣りに行ってきました。
朝一で、熱海港海釣り施設に、その後、昼頃に伊東港に移動しても釣行でした。

熱海港海釣り施設では、先端近くを陣取り釣り始めましたが、遠投カゴではキタマクラしかこず、底釣りでもベラしかこなかったので、昼飯のタイミングで、伊東港へ。

前回、釣行した時と同様、近くのダイビングショップが管理しているのか、イルカのいけすがあだありましたね。

伊東港では、一番奥の白灯は場所がなかったので、その隣の一番長い防波堤の先頭付近での釣行でした。

基本的、熱海港海釣り施設と同じく、遠投カゴをしている人が多かったですね。
そして、季節柄、エギでイカを狙っている人も多かったです。

伊東港では、遠投カゴとふかせをしました。
ふかせのタナは2ヒロほどですか。

餌はオキアミで、エサ取り多かったため、撒き餌でエサ取りを足元に寄せて、その周りで、エサ取りの層の下に寄ってくる魚を狙いました。

久々の五目釣の釣りになりました。

遠投カゴでは、海タナゴ、メジナ、アジが釣れましたが、30cmオーバーは出ませんでした。
帰り際に夜釣をする夫婦も、先日来た時、アジが数匹釣れたけど、型はあまりおおきくなかったようです。

ふかせで、メバル、メジナ、カワハギが釣れました。

もう少し、大きければ、刺身できるサイズなのですが、カワハギには肝がふっくらしていたので、よかったです。

当日の釣果は、Fさんがすべてお寿司にして食べたそうで。
140111_07000001 140111_11360001 140111_12550001140111_13050001 140111_14480001 140111_14520001 140111_14530001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/06

2014年初釣り「鬼怒川フィッシングエリア」サクラマス、ニジマス

nosaさんのような、、、

2014年初釣り「鬼怒川フィッシングエリア」へサクラマス、ニジマスを釣りに行ってきました。

昨年も初釣りは、「鬼怒川フィッシングエリア」からのスタートでしたが、今年も「鬼怒川フィッシングエリア」から初釣りになりました。

サクラマスが前日の営業終了後に放流済ということで、営業開始、釣り開始と同時に放流タイムのような感じです。
シュガーミノースリム、DDパニッシュ、チェリーブラッドをローテーションをしながら、釣りましたが、9時30分までに3匹をゲット。

その後、苦しみながらも、11時の通常放流ではなく、「鬼怒川フィッシングエリア」の池から放流があり、放流されたニジマスに煽られて、サクラマスが上がったりしましたが、今までの放流タイムのような、爆釣とはいきませんでした。

13時30分の放流は通常の放流があり、そこでも、放流されたサクラマスが上がったりしましたが、爆釣になりませんでした。

やはり、「鬼怒川フィッシングエリア」のサクラマスが、通常サイズが、昨年末に行った「ロデオフィッシュ」の大きめのサイズですね。

ロデオフィッシュ」の釣り初めが、放流の2時間後くらいだったがあまり大きなのが釣れなかったのかもしれませんが、大きいのは、ゆうに40cmを越えて、50cm近くのサクラマスも結構釣れました。

一番下の画像は、昨年末の「ロデオフィッシュ」での釣果です。
140104_17430001 140104_17440001 131228_12430001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/17

釣り「芦ノ湖」ワカサギ

nosaさんのような、、、

前回芦ノ湖にムーチングでニジマスが釣れたので、今度は、ヒメトロにチャレンジしてきました。
ボートを出しのは、フィッシングショップノザキです。
ボートは恐らく1~2名用の一番安いのと3~4名用の一番高いのが2,000円ほど違わなかったので、広々と11,000円の船外機付きを借りて、出船。

前回、湖尻でムーチングをしたときの帰りに寄ったショップですが、恐らく、芦ノ湖では一番の品ぞろえのお店ではないでしょうか?
ボートを出すところは、元箱根ですが、箱根湾や湖尻よりも釣果もよいのを聞きます。

お店に行くと、ここの写真に載っているおじちゃんがいます。
他、おばちゃんもいますが、本当に親切で、丁寧に教えてくれます。

初めて、魚探を使ってのレイクトロでしたが、ソナーを固定するところがなかったため、ボートの生簀の横の物置の底に、中に入っていたのを乗せて固定して使いました。

当初は初期設定からか、深さを判定できず、午前中は苦戦しましたが、途中から魚探の癖を把握した辺りから、魚の反応、小魚の反応が分かりやすく出て、立岩から百貫の鼻あたりをアクセルを一切切らないくらいのスピード(エンジンを掛けて前進にギアを入れただけ)で探りました。

魚探に反応があった層は20~25m付近が多く、そこに仕掛けを送り込むにはラインが流されている分を追加しないといけないのですが、60号ではかなりラインが出ている感じがして、35m出して、その層を狙いました。
すると、反応が出たら、少したってあたりが、しかし、後でわかったのですが、あたりがあったら、エンジンをニュートラルにして留めないといけなのを知らなかったため、取り込み中にばらし。
早く、気づけばよかった。

結局、昼ご飯を食べに昼過ぎに戻ったときに、ギアをニュートラルすることが分かったのですが、ボートが4時までと時間がないのと、ショップの人曰く、本日は大変ヒメトロが口を使ってくれず、厳しいため、急遽、ワカサギに変更して、2時間ほどは、お土産にワカサギを数十匹を釣って帰還。

その間、フィッシングショップノザキのおじちゃんもポイント探しなどを手伝ってもらい。
いままで行ったボートショップでは一番の親切なお店(おじちゃん)でした。
禁漁に入る、最終日前ということもあり、終わった後、ショップによると、温かいコーヒーを出してもらい、カレースープまで頂きました。
ちなみに、このカレースープはすいとんなど具が盛りだくさんで、めっちゃ美味しかったです。
来年、解禁になりましたら、伺いますので、来年もよろしくお願いします。
131214_09430001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/03

釣り「静浦」アジ

nosaさんのような、、、

今年最後の海釣り、静浦での釣りに行ってきました。
冬ということで、現地での風や天候が心配でしたが、風もあまりなく、気温も極寒ってほどでもなく、安心しての釣行でした。

渋谷を3時頃出発でしたが、現地に夜明け前に着き、防波堤の右端の方を陣取り、夜明けとともに釣り開始です。

棚は10mくらいからスタートしましたが、あまり辺りがなく、15mに変えたところ、手のひらサイズのアジをゲット。

その後も何匹が追加して、遠投カゴの仕掛けを手前付近で根がかりさせてしまい、ラインブレイクでウキ、天秤ごとロストしてしまうも、ウキは浮いていたため、タモで回収。

遠投カゴではなく、10~20mあたりで、ウキした10m以内でウキ釣りに変更。
順調に手のひらサイズのアジをゲット。

本命のソウダガツオですが、ひとつもアタリがありませんでした。
周りでは、イナダやソウダガツオや真鯛の顔が見えていたので、少し心残りの今年海最終の釣りになりました。
来年は、静浦か初島辺りから海での初釣かなぁ~。
131130_07200001 131130_07330001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/20

釣り「芦ノ湖」ワカサギ、ニジマス

nosaさんのような、、、

週末に今年2度目の芦ノ湖に釣りに行ってきました。
いつもは、ワカサギ釣りですが、前回釣ったワカサギを冷凍しておいておき、当日はムーチングの餌に持参しました。
釣り当日に新鮮なワカサギが釣れるまでの餌の為です。

いつもは、福井釣船店ですが、箱根湾しかいったことがなかったので、今回は湖尻での釣りをしてみました。
うえ乃でムーチング主体のワカサギ釣りにしました。

いつもよりは余裕を持って出発し、着いた頃には夜明け組は既に釣りをしており、夜もすっかり明け、日が昇ってるくらいの朝でした。

霧が湖上空、湖から立ち込める中、出船。
赤虫がうえ乃では売っていなかったので、うえ乃スペシャルで空針で釣りました。
糸を垂らし始めて、厳しい状況が続きます。
周りを見ても、厳しそうです。

その中、ポツポツと釣れたワカサギをブクブクで活かしておき、ムーチングの仕掛けの餌を30分を目途に使変えました。
しかし、背に付けても、尾に付けても、気が付いたら、針から外れてしまいます。
バーブレスフックだったので、返しの着いている針に交換し、もちのよい、口に着けて、待つことにしました。

その中、ワカサギをもう少し釣っておこうと思い、冷凍してあったワカサギをワカサギ仕掛けの一番上に口づけをして、誘いをすれば、ワカサギの活性が高くなるだろうかと思って、誘いをしていると、そのワカサギにニジマスがヒット。
仕掛けがワカサギの仕掛けのため、ラインブレイクしないように、ドラグを緩めて、30cmほどのニジマスが。
その後、ムーチングにもオスのニジマスがヒット。
この日は、ニジマス2匹にワカサギ20~30匹。

次回は、赤虫の準備と失効した船舶免許の復活、ヒメトロの準備もして、リベンジを果たしたいと思います。
131116_06430001 131116_11290001 131116_14020001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/08

釣り「芦ノ湖」ワカサギ

nosaさんのような、、、

毎年恒例の芦ノ湖にワカサギを釣りに行きました。
昨年と同じ福井釣船店です。

台風が近づいている影響からか、現地到着から雨が降りしきる中、出艇。

福井釣船店からみ見えるところをポイントとして移動して、釣り開始。
この日は、食いがたたないと、赤虫を付けた方がよいとのことで、空針、赤虫交互にして10本針でやりはじめる。

どうも赤虫が付いているところが食いがいいのに気付き、群れに当らない限り、全てに赤虫を付けて釣っていると、午前中までに恐らく400g近く釣れました。

群れに当った時は、空針にも来るかもしれないと思い、半分までは針についていなくても、投入したりして釣りました。

雨は途中やんだりもしましたが、雨が服の中に侵食してきて、体温が下がり、肉体的にきつくなったところで、トイレ休憩も含めて昼頃に、陸へ戻る。

そして、昼過ぎに再度、釣り初め、2時間ほどで、午前中と同じくらいかそれ以上を釣って、最終的には、810gの釣果。

他の方の釣果と比較すれば、結構良かったので、今年のワカサギ釣りも満足でした。
ここ数回釣りでは、あまり釣果がよくなかったので、雨の中、14:30頃まで釣りした甲斐がありました。

来年は、ヒメトロやムーチングに挑戦したくなりました。
131005_18210001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/30

釣り「知床、羅臼、知円別」カラフトマス、秋鮭、エゾアイナメ

nosaさんのような、、、

北海道は知床、羅臼の知円別にカラフトマス、秋鮭、エゾアイナメを9月連休の後半に行ってきました。

知円別漁港の中に知円別川が流れ込んでいる感じの場所ですので、漁港で釣りをしている感じになりますので、釣りがしやすい場所になります。
川にも、左側から降りれるみたいです。
左側と右側だと右側の方が広く釣り場が使え、釣りをするすぐそばまで、車を乗り入れることができます。
只、他のオショロッコ川河口やアイドマリ川河口と違って、釣り場やし易さからか前日から車を乗り入れて、釣りをする方など人気はあるようです。

カラフトマスや秋鮭の群れも漁港側で見ました。
漁港側で釣りをしていましたが、ここもアタリがなく、河口で釣りをしました。
ゆっくりウキを引いてくる釣りですが、前述の2ヶ所より川幅も広く、海側には昆布地帯が海底にあるようです。
岩も上から見て、たくさんありましたので、ウキ下を深くした場合は、要注意ですね。
餌を小さくすると、エゾアイナメも面白いように釣れました。20cm~30cm程度だと、爆釣します。
ここでは、メスの秋鮭を釣りましたが、釣った後、イクラを出しまくりで、締めて、翌日、付けておいたイクラでイクラ丼を食べました。
型も結構良かったですが、厚みがなく、うろこも取れた後のようでした。
130923_05020001 130922_05420001 130922_05290002 130922_05290001 Tamago

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/27

釣り「知床、羅臼、相泊」カラフトマス、秋鮭

nosaさんのような、、、

9月後半の連休に北海道は知床、羅臼を海岸線沿いに走って、行き止まりになっている相泊にカラフトマスと秋鮭を釣りに行ってきました。
2日ともに数時間ずつ釣行しました。

相泊橋を越えて、右に入っていくと、海近くに車を停めることができる、釣りがしやすい場所ですね。
海辺には、たくさんの昆布が撃ちあげられていました。
ここも、川の反対側へは、橋を渡ると行けますが、ウェイダー履いていると、川を横切れますね。
流れている川は、恐らくアイドマリ川かと思います。

県道87号線のどんつきで、お店もありますので、観光客の方もいましたね。
川を遡る秋鮭に興味が行っていました。
隣には、大きな漁港もあります。

ここでもオショロッコ川と同じく、河口では辺りがなかったので、同じ仕掛けで、河口で遡ろうとしているカラフトマスや秋鮭に目の前をオショロッコ川と同じ仕掛けで誘うと釣れました。
海側で川に遡ろうとしている魚も見えましたが、色が黒く、銀色ではなかったので、場所的にはよかったのですが、時期が遅かったようです。
130922_11400001 130922_11420001 130922_11570001130923_06560001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/26

釣り「知床、羅臼、オショロッコ川」カラフトマス、秋鮭

nosaさんのような、、、

北海道は知床、羅臼の漁火橋に流れる川「オショロッコ川」河口にカラフトマス、秋鮭を釣りに行ってきました。

県道87号線を羅臼から先端方面、相泊の方へ海沿いに向かって、漁火橋の下に流れているオショロッコ川河口での釣行です。
9月の後半の連休2日間数時間釣りをしました。

相泊の少し手前ですね。
記憶が正しければ、漁火橋を越えて、少し行くと右に海の方へ行く道があり、河口近くに車が止めれたと思います。
大きな川ではないですが、橋を渡って、川の反対側にも行けます。
ウェイダーがあれば、川の中を歩いて、反対側にも行けます。
こういう釣りは、ウェイダーがあるかないかは全然違うので、できるだけウェイダーを持参することをオススメします。

時期が遅いのか、海側ではあたりもなかったので、小さな川を遡っているカラフトマスや秋鮭を加工あたりをタコベイトにエビやニンニクに漬けたカツオの切り身を針に漬け、その前に18gのスプーンを漬けて、口先に持っていくと、釣れました。

しかし、うろこがすべて剥げていて、黒い鮭ですね。
食すには、NGなので、リリースでした。
130922_11250001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/02

釣り「大磯、三浦」キス、カニ、サンバソウ、チャリコ、ガッチョ、メゴチ、ハゼ、ベラ

nosaさんのような、、、

今年初の投げ釣りに大磯に行ってきました。
大磯の砂浜、海岸での投げ釣りですが、高速沿いに側道を歩いて、役場辺りから海岸で出て、右側に移動した辺りで釣り始めました。

早々に2匹キスが釣れ、期待が高まったものの、その後は、カニのオンパレード。
9時頃、カニしか上がらない状況で、江の島での唐揚げ休憩を経由して、三浦へ移動。

三浦では、初めてのポイント。
周りでは、海水浴、サーフィンと海で楽しんでいる中、釣りができるところを探しながら、見つけた。
海水浴をしているすぐ横の漁港で再度、釣り再開。
釣り始めると、波と風がだんだんきつくなって、波は、防波堤を越えて、釣り人に浴びせ掛かるほどに、その中でも、サンバソウ、チャリコが釣れていましたが、とうとう、漁港の人が、波、風が危険な状況になってきたので、外海では釣りはせずに、普段は釣り禁止な漁港内での釣りを伝えに来ました。

その後、漁港内で、ガッチョ、メゴチ、ハゼ、ベラと今シーズン一番多い魚種を釣った日になりました。
130831_06570001 130831_06090001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧